長野市のサッカーチーム「AC長野パルセイロ」を応援します! Since20060514
                                               ツイッターしています mtky55

                        
パルセイロレディースの記事はこちらのページで!
 過去観戦記のリンクはこちらから


2018

4/8
ここまで無失点、4連勝の沼津から2得点した。
それはとても評価できる、がしかし、やはり勝ちが欲しかった。
今もっているパルセイロのサッカーがJ3では問題なのでは?と感じているわたしです。
      
 

まるいたろうが見たAC長野パルセイロ 2018

4/8 パルセイロ 2−2 アスルクラロ沼津
勝ちたかった。そして勝てる相手だったように思う。


興奮はする。再びの後半ロスタイムの同点PK。
また、運がよかった。首位鳥取が引き分け、2位の沼津と引き分け。
見た目上勝ち点差は変わらない。

しかしこれでいいのか、といえば良くない。
前節あたりから勝ちを重ねていかなくてはならないのに、2試合で勝ち点は2 
なにかを変えなくては上昇できないと思います。

今日は先手、主導権(先取点、逆転の得点)を取れなかったのが良くなかったなぁ。

ボールを奪った後、センターラインを過ぎてもう少し上までの攻撃の動きは去年よりスムーズに行くことも多く確実に改善していると思います。
実際 相手陣内へ上がりが良かった時間帯もありました。

ですがペナルティエリアに近づくと切れ味が悪くなりスピードダウン。
そしてパスミスか相手DFにコンタクトされてボールをロストして攻撃ターンは終了。
今日もその繰り返し。
もうひとがんばり、一工夫あればいいのになぁ、と思う。選手はなかなかがんばってると思う。
ただ工夫する知恵の引き出しがないんだ。
それを補い、教え導くのが指導部の役目と思うのだけど違うかな??

とにかく相手ゴール前で確実なプレイが見たい。
だけどゴール前で強い武器がないのがいまのパルセイロ。それを例えて言う

必殺技の無い特撮ヒーローの様

それがパルセイロの攻撃だと思う。
攻め込みは良い でも相手を討ち取るフィニッシュが出来ないんだ
得意な形がない
この攻撃の形を取れば高い確率でシュートに行けるという武器が無い

強いチームは必ず持っている物と思っている。
サイド攻撃、とくに左側が得意
とか
ドリブル突破からシュートが得意
とか
どの角度から上げでもパスを受け取れるクサビのFWがいる
とか

それがパルセイロにはないなぁ、感じます。
地域リーグの頃は兼さんというFW 地域からJFL時代はウノというFWにラストを任せれば心強かった。
得意なパス回しの形もあったと思う。

今はその場限り。思い付き(よく言えば柔軟な攻撃の着想 だけど)と偶然や運で攻撃の形が作られている。
そのせいか、意思の統一が出来おらず攻撃意図が合わずにパスが通らないことが多い。
またそのパスも正確性に欠けているように見えてならない。

再び同じ事を書きますが
もうひとがんばり、一工夫あればいいのになぁ、と思う。選手はなかなかがんばってると思う。
ただ工夫する知恵の引き出しがないんだ。
それを補い、教え導くのが指導部の役目と思うのだけど違うかな??


美濃部さんも、フミタケさんも、そして浅野さんも決まって言う
「攻撃は選手に任せている」
J3になって共通しているのはこの一点 ここが問題ではないか?
一昨年あたりから気になって仕方がない。

J3で強かったチームは、1つか2つの攻撃パターンを念入りに、丁寧に、しつこく繰り返している。
相手ゴール前であまりミスをしたところを見たことがない。
J3においては監督が攻撃のカタチについて指揮を取る必要があるのではないのか?と思うのですが 正解は??

さらに言うと
やっぱり攻撃に転じた時に手数(人数)が足りないなあ、と。

相手ゴール近くにもう一人か二人いれば、というのが何回あったように思う。人手を掛ければ突破できそうな場面がある
しかし多くの場面で1人で突破にかかっいるので、一度ミスまたはDFにコンタクトされただけでボールを失ってしまうことが多い。
フォローが欲しい、ととても思う。

今日もう2点は取れた試合だったように感じます。

もうひとつ、守備についても
伝統的なJリーグ的サッカー、守備をするパルセイロはJ3で得点力のあるチームにカモにされやすいと感じてます。
センター(ハーフウェイ)ラインとゴールの間に守備ラインを引くと相手は喜んで進入しちゃうんです。
そして3人も入ればパス交換をしてゴールに迫りシュートに来る。
パルセイロは自ら危機を招き入れているようにも見える。 
相手ゴールキックの時、じりじりとDFラインが下がってきてしまい、その間に相手選手がパルセイロ自陣に入って来てしまっている。
相手GKがボールを蹴るまで、DFラインをもっと高くしていてもいいのになぁ。
オフサイドというルールもある訳ですし。

そんなこんなでマニアの戯言を書いてきましたが、戯言ついでに要点をまとめてみます
1. ボール奪取から攻撃へ転じたときに切り替えが遅い。
2. 押し上げの人数がたりないと思う。ボールが相手ゴールに近づくころには相手陣内へ4、5人は最低入っていて欲しい。
3. 得意な攻撃のカタチを持って欲しい。 
4. 守備より攻撃に重点をおいて欲しい。

ないものねだりなのかもしれませんが、基本的なサッカーのあり方を変えないとJ3で勝てない気がしています。
別の言い方をすれば J3に合ったサッカー構築する必要がある、と感じてます。
今日のサッカーで、そしてメンバーでJ2なら戦える、のかもしれないとも思っています、ですがJ3で×なのかも、と。

さらに言えば
実は先週の北九州の試合のほうが相手がタフに思えた
そんなにいいサッカーかな? 沼津のサッカー
たぶん「Jリーグ」的には穴の多いサッカーではないか?と思う
J1と試合したら強いとは思えない でもパルセイロはJ1と天皇杯で善戦するよね
でも沼津のサッカーは得点量産するからいいサッカーだ
そう、それがサッカー
そしてJ3じゃないかな。

この写真は同点に追いついたときのもの。
こういうシーンをたくさんみたいものですね(^^

がんばれ パルセイロ!

その他の写真はWebalbumでごらんくださいませ



 過去観戦記などのリンクのページですよ
トップ
J3
 2016年 パート1
 2016年 パート2 
 2016年 ハート3
 2016年 パート4
 2016年 パート5

 2016年 パート6
 
 2015年 パート1
 2015年 パート2
 2015年 パート3

 2015年 パート4
 2015年 パート5

 2014年 パート1

 2014年 パート2
 2014年 パート3
 2014年 パート4
JFL
 2013年 パート1
 2013年 パート2
 2013年 パート3
 2013年 パート4
 優勝!

 2012年 パート1
 2012年 パート2 
 2位 

 2011年 2位 
北信越L

 2010年 優勝昇格

 2009年

 2008年 優勝

 2007年

 エルザ時代

 2006年前半 
 2006年後半 

 2005 最終戦優勝

レディース
なでしこ1部
 2016年
 2016年その2
 2016年その3

なでしこ2部
 2015年

 2015年パート2
  優勝戦と皇后杯


 2014年


 2013年






  
 ☆パルセイロとは
 ポルトガル語で
 パートナーという意味
 チームとサポーターが共に…
 という意味とか。
 
エンブレム
 
エルザのライオンを生かし、
 長野のシンボル、リンゴの花
 を2つ添えます。
 これはチームとサポーターを
 象徴しているそうです。

 2006/2/3 
 長野市サッカー協会主催
  の講演会
 「バドゥ監督と岡田武史氏
   長野のサッカーを語る」
  に行って来ました。
  メモしたことと
  記憶している
  ことを列記してみました。
   ご覧ください。
   
こちらでどうぞ。

 
福岡の友人による2016/6/19 鹿児島U−長野パルセイロのレポート

 スタジアム スタジアム2
 
 カマタマ戦 パルセイロの過去の場面 旧南長野最後の日


長野駅からUスタへのバスがありましたのでご案内。
川中島バス松代線で長野駅からスタジアム行けます。
川中島古戦場停留所で下りて2キロほど歩くとスタジアムです。
道すがらコンビニ、いろいろお店があるので買い物もできます。
2つ先の停留場 水沢典厩寺 もいいかもしれません。

路線図、時刻表、運賃はこちら。
http://www.alpico.co.jp/access/nagano/matsushiro/
地図
https://www.google.co.jp/maps/@36.5853925,138.1755451,16z?hl=ja
スマホをお持ちの方は、マップ使いながら住宅街を突っ切ると1.5キロくらいで行けますね。
高速バスで長野に来る方は、この川中島古戦場で下車、乗車できますのでおすすめです(^^


2014/12/10
 いつまでも・・・、
この光景を絶対に忘れない。

1点が取れなかった。その攻撃力が足りなかった。それがすべて。
それを来年は強化してほしい。来年は優勝して昇格しましょう!!

  
2012/01/27
 ショッカー総統 革命的日記 (JFL自体 そしてホンダロックのサポーター様)
 
「信州親征記 3話 長野パルセイロのサポーター諸君に告ぐ」
 すべてを肯定できるわけではありませんが、ほぼ同意といえる内容です。
 そして『今そこにあるサッカーを愛せ』という信念が良いです。



私、まるいたろうですが、今年もバックスタンド中央近くにて観戦しています。
 こんなヤツ ↓ ですが、気軽に声を掛けてみてください。
 ワイワイ楽しくサッカーを見ようと思います(^^ 知ってる範囲で質問にお答えしますヨ。
   
 真ん中のですよ(笑



 Thanks バドゥ
  ただただ、ありがとうと言いたい。

      
     写真は2006年の夏、長野に来たばかりのバドゥが私の写真撮影に応じてくれたもの。
 


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
   

フラジール