長野市のサッカーチーム「AC長野パルセイロ」を応援します! Since20060514
                                               ツイッターしています mtky55

                        
パルセイロレディースの記事はこちらのページで!
 過去観戦記のリンクはこちらから


2019

10/27

 パルセイロ 0−0 カマタマーレ讃岐
10/12夜 台風19号の猛威により長野も被災
男子女子1試合づづのホームゲームが中止となり 今日再開

総括
パルセイロ
選手がんばっていたヨ。
よく走った。
でも得点の可能性がほぼ0だった。
こういうチーム状況は私の知る限り、とても重症なのです。
さてこの先どうなるのだろう。
僕にはわからない。

よく走り、良く競り 良くボールが前に進む
ここまではいい。
しかしいわゆる2列目あたりから、選手同士のプレイのずれが大きい。
意図していることが違うようでパスがつながらない
欲しいところにパスが来ない
パスを出したいところにFWがいない

だから決定機がなかなか作りだせない。

なにが間違っているのか?パルセイロ。

チームを鼓舞する文書が書けずにすいません
あと、個人的に非常に元気ない状態で、長い文章が書けなくてすいません。


10/6

 パルセイロ 1−1 BB秋田
良く出来ているけど、大事なところができていない。


ゴール前がね。なんだか形にこだわるというか、完全に崩してからでないとシュートできないのか
もっと早くシュートコース見えてるのになぁ
という事が多く
結果シュート少なく、得点も少ない。
これが今の
いや、多分ここ5年くらいのパルセイロの課題。
なんとか治らないかなぁ。
もっとバンバンとシュート打てばいいのになぁ。

とはいえ、ボール奪取後の展開の広さ速さは去年とは違い、速くて広い。
ゴール前までは。ね。
スペースが空いていれば長いボールも積極的に使う柔軟さはとても良い。
また意味のないバックパスも減り、ボールの前進力は良い。
この点、横山さんの多攻は形を現わしている。
あとはゴール前のシュートとその精度なんだけどなぁ。
がんばれパルセイロのFWたち。

ともあれ
試合の入りと、得点シーンはなかなか良かった。
秋田を圧倒する運動量とパスの強さと到達点の高さで秋田を自陣に押し込める展開だった。
そしてDFのパスミスで、ゴール前に詰めていた木村にボールが渡りシュート。
そして見事にゲット。

秋田がパルセイロに追いつめられていた証拠と言えましょう。
得点後も運動量落ちずいいなぁ、と思っていましたが、さすがに30分あたりから走りをセーブしたのか
運動量が落ちる。
それだけなら良かったのですが、同時に自陣で受ける形になってしまった。
また、守備がポジションで守る事よりボール奪取、つまり前から後ろから秋田選手に圧力を掛けていのが無くなり
これで秋田の攻撃が息を吹き返してしまった。
ソシテ失点。
うーむ。

後半に入り、ラインの低さが訂正され、また走りの強度もある程度もどりペースは長野に。
ここで1度結論
つまりです。
90分相手より走り勝つ♪これしかないヽ(^0^)ノ
というとこで!

しかし、冒頭のように攻め込むも、シュート少なく得点なく試合終了。
なんだか残念。
しかし出口は見えてきた、かな??

ガンバッテ 走ろう! パルセイロ!

さて、今日は岡山より新加入の下口をよく観察しました。
体幹強く、当たりには強そう。
また、殊に負傷したあとから非常に落ち着いたプレイが見られ頼もしかった。
移籍… してほしいなぁ。
とにかく期待できます!(^^



6/2 パルセイロ1−2カターレ富山
なんとなく、予想の結果の一つでした(^^;
でも今日はなんとしても勝ってほしかった!

帰宅 ふう…残念(^^;
気合で負けてたかなぁ。いや、開始の10分くらいまではよかったのだけど。富山の方が相手対策がうまかったかな?
長野は運も無かった。大事な試合で。
なんにしろ、先週までのような次々に選手が前に出ていくサッカーがピッチで表現できなかったのが敗因かと。
息切れかしら… 今日はチーム全体的に元気が無かった。

なぜ急にボールが前に出て行かなくなったか、ここはとても大事。
しっかりそのケアをしていただきたい。
今日の内容では、昇格どころか中位すら危ういと思います。
逆に前節福島戦のようなサッカーが常時できれば昇格は夢じゃない。

実は試合開始から10〜15分は双方、サポーターの声援も含めて、とても気合のぶつかり合う良い試合に見えたんです。

ですが次第に、パルセイロの今年の利点である前進力が無くなっていった。
予想はしてたけど、パルセイロへの対策が上手かったかな。
山田陸が徹底マークされていた、という指摘も多い。
ただ、今日はその山田からボールを引き出す他の選手の動きがほぼ見られなかった。
それが残念。
戦術を実現できる試合と出来ない試合、デキに波があるうちは上位に行けないかな、と。

そして試合が終わってからのJ3順位 試合前は勝ち点12で並んでいたのですが。
 モバJさんから https://mobaj.net/standings/j3



試合のデキの差はうーむ、4位と13位の実力差、というところか。
チーム変革はまだ道半ば、というところなのねぇ。
がんばれ、パルセイロ!

おまけ
交代後、ヘッドで得点し、ゴール裏をお煽りになる津田さま

今日足りなかったのは、こういう元気さ、かなぁ。





 過去観戦記などのリンクのページですよ
トップ
J3
2018 パート1

2018 パート2
2018 パート3
2018 パート4


2017 パート1
2017 パート2
2017 パート3
2017 パート4
J3
 2016年 パート1
 2016年 パート2 
 2016年 ハート3
 2016年 パート4
 2016年 パート5

 2016年 パート6
 
 2015年 パート1
 2015年 パート2
 2015年 パート3

 2015年 パート4
 2015年 パート5

 2014年 パート1

 2014年 パート2
 2014年 パート3
 2014年 パート4
JFL
 2013年 パート1
 2013年 パート2
 2013年 パート3
 2013年 パート4
 優勝!

 2012年 パート1
 2012年 パート2 
 2位 

 2011年 2位 
北信越L

 2010年 優勝昇格

 2009年

 2008年 優勝

 2007年

 エルザ時代

 2006年前半 
 2006年後半 

 2005 最終戦優勝

レディース
なでしこ1部
 2016年
 2016年その2
 2016年その3

なでしこ2部
 2015年

 2015年パート2
  優勝戦と皇后杯


 2014年


 2013年






  
 ☆パルセイロとは
 ポルトガル語で
 パートナーという意味
 チームとサポーターが共に…
 という意味とか。
 
エンブレム
 
エルザのライオンを生かし、
 長野のシンボル、リンゴの花
 を2つ添えます。
 これはチームとサポーターを
 象徴しているそうです。

 2006/2/3 
 長野市サッカー協会主催
  の講演会
 「バドゥ監督と岡田武史氏
   長野のサッカーを語る」
  に行って来ました。
  メモしたことと
  記憶している
  ことを列記してみました。
   ご覧ください。
   
こちらでどうぞ。

 
福岡の友人による2016/6/19 鹿児島U−長野パルセイロのレポート

 スタジアム スタジアム2
 
 カマタマ戦 パルセイロの過去の場面 旧南長野最後の日


長野駅からUスタへのバスがありましたのでご案内。
川中島バス松代線で長野駅からスタジアム行けます。
川中島古戦場停留所で下りて2キロほど歩くとスタジアムです。
道すがらコンビニ、いろいろお店があるので買い物もできます。
2つ先の停留場 水沢典厩寺 もいいかもしれません。

路線図、時刻表、運賃はこちら。
http://www.alpico.co.jp/access/nagano/matsushiro/
地図
https://www.google.co.jp/maps/@36.5853925,138.1755451,16z?hl=ja
スマホをお持ちの方は、マップ使いながら住宅街を突っ切ると1.5キロくらいで行けますね。
高速バスで長野に来る方は、この川中島古戦場で下車、乗車できますのでおすすめです(^^


2014/12/10
 いつまでも・・・、
この光景を絶対に忘れない。

1点が取れなかった。その攻撃力が足りなかった。それがすべて。
それを来年は強化してほしい。来年は優勝して昇格しましょう!!

  
2012/01/27
 ショッカー総統 革命的日記 (JFL自体 そしてホンダロックのサポーター様)
 
「信州親征記 3話 長野パルセイロのサポーター諸君に告ぐ」
 すべてを肯定できるわけではありませんが、ほぼ同意といえる内容です。
 そして『今そこにあるサッカーを愛せ』という信念が良いです。



私、まるいたろうですが、今年もバックスタンド中央近くにて観戦しています。
 こんなヤツ ↓ ですが、気軽に声を掛けてみてください。
 ワイワイ楽しくサッカーを見ようと思います(^^ 知ってる範囲で質問にお答えしますヨ。
   
 真ん中のですよ(笑



 Thanks バドゥ
  ただただ、ありがとうと言いたい。

      
     写真は2006年の夏、長野に来たばかりのバドゥが私の写真撮影に応じてくれたもの。

parceiro2019-1.htm 


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
   

フラジール