まるいたろうが見たAC長野パルセイロレディース 2016 なでしこ1部

4/30 パルセイロレディース 3−2 岡山湯郷Belle
わくわく(^^ ドキドキ(^^;

さて、ついに湯郷戦です。

GK池ヶ谷、林崎両選手、FW横山選手の前所属チームというだけでなく、本田美登里監督のチームでした。
本田さんについて、記憶の限りですがすこし説明を。

湯郷ベルさんは、岡山県美作ラグビー・サッカー場(2002 FIFAワールドカップ公認キャンプ地)に
地盤(Jリーグや男子の社会人チーム)の無いところにイチから作り始めたチームなのだそうです。
その初期スタッフの一人が本田さんと聞いています。
さらに日本初となるS級ライセンス(日本最高峰の監督免許 Jリーグの監督が出来る)を取るなど苦労をされました。

その指導力は、いまのパルセイロを見れば明白ではありますが高く、MF宮間あや選手やGK福元美穂を輩出。
もちろん横山さんも本田さんの教え子ですね。

ドイツワールトガップ後の次期代表監督候補にも選ばれていようです。
その関係もあってか10年監督を勤めた湯郷をはなれ、サッカー協会において若手代表の監督をされていたのですが、
そんなところに長野から電話がいったそうです。
なんと二つ返事で監督就任のお返事があったそうで、チームのとある方のお話では
「来ちゃった」
出ました、長野パルセイロのなぞの人事力。
本田さんのお話では、ちょうど代表監督のお仕事に区切りがついた時だったそうですが、今となってはとてもありがたいですね。

また、友人でありサッカー知識の恩人であり、一時モックなでしこリーグの担当をしていた方の当時のご意見では
「本田さんネェ、お金さえちゃんと集めれば(たぶん選手獲得も含めてと思いますが)チームは絶対強くなるよ。」と。
うむ(^^ まさにその通りになりましたね。

そんなわけで、ご縁のある湯郷戦です。
日本代表 宮間さん 福元さんがいる!



さっそくですが、やっぱり横山久美さんはすげー(^^

そして回りの選手もみんなすばらしい選手ばかりですね。
とにかく得点への意識が強い。
守備が得意という湯郷さんから、日本代表GK福元選手から3得点です。
凄いことです。

試合は前節新潟戦に増して入りがよく、元気良く湯郷選手に立ち向かっていきます。
湯郷さんはすばやい中盤のプレスが目を引いた新潟Lのようなスピードはありませんが、
ボールテクニックか良く、判断が速く、プレイがクイックです。つまり上手い。

パルセイロはチームとしてボールをコントロール出来そうで出来ないカンジで試合が進みます。
ボールホゼッションは長野45:55湯郷というところでしょうか。

しかしここで一陣の風が吹く。横山が反転からゴールポストに当たって入る先制ゴールがふいに生まれました!
前半8分
湯郷ペナルティエリア(PA)の右へ泊さんが持ち込む。これを中央方向にはたくと受けた児玉さんが相手DFを引き付けて
横山さんに出すと、DF2人を背負ったままボールを受け、そして反転して左足でシューート!
左のゴールポストに当たってイン!!
すぱらしい!!
ボールを掻き出す

喜び合う選手たち。

これで勢いを増す長野。

しかしじっくり構える湯郷選手たち。チャンスをねらっていました。
長野PA左からクロスをほあげられると、PA内でフリーで合わされ失点。
手練(だれ)ですなぁ。
そて先ほども書きましたが湯郷選手はスピードが飛びぬけて速いワケではないのですが、とにかくボールの扱いかうまい。
丁寧に、ミス少なく繋ぎます、上手いですね。

後半開始。
一進一退がつづく。先ほどの上手い湯郷の中盤がなかなかに自由にさせてくれません。

対するハルセイロ、速いチェックとパス回しで対抗。

それでも時折くるチャンスを逃さなかった。
後半11分
湯郷のPAを囲むように長野選手が攻め入る。波状攻撃となる何度ものシュート。
そしてこぼれ球を拾った児玉さんが右に流れながら隙を見てシュート!
GK福元さんが横っ飛びして反応するが、わきの下を抜けてゴールイン!



さらに。
中央で奪ったボールを横山に! そのまショートカウンターになるとドリブルでグングンGKに迫る。
一旦は相手DFにとめられ掛かるも奪い返して再びドリブル。
GKが出るところを絶妙な角度でGKのプレッシャーをすり抜けゴールネットにドスン。
ステキです。

横山さんは右です。

その後は長野ペースに見えましたが、そこが慢心というもの。(←自分のこと
縦にキレイにやさしく出されたボールが長野DFを切り裂きあっというまにGK林崎さんと1対1!
冷静に流し込まれて2失点目。 
どうも、すばやい変化に対してついていけない感触ですなぁ。ここは1部リーグのすごさ、ということもあるのかなぁ。

その後も攻められ気味でしたが、それでもなんとか乗り切り試合終了。

去年より明らかに上がった終盤の体力がいいですね。最後まで良く走り集中していました。

ガッツポーズの横山さん。

そんなわけで、再び
「勝ったどー!」
お客さんもたくさん。チームの2位の記録です。


なんと3位に浮上。いいねぇ。 もう少し勝てば1部残留が決まるのではないでしょうか。
がんばれ!パルセイロレディース!
5/8のINAC戦は南長野に来ます!!

ほかにも写真がありますので、WebAlbumwでご覧ください
https://picasaweb.google.com/109859058977357128031/6279331130738129825?authuser=0&feat=directlink


4/24 パルセイロレディース 3−1 新潟アルビレックスレディース
楽しい(^^

行くまで忘れていましたがオレンジダービーです♪


ここまで2勝2敗の五分。
アルビさんは昨年5位と本田監督の目標6位(レッズレデイースさん)を上回る成績。ひとつの目安となる試合と言えましょう。
なでしこ1部2015年成績
http://www.nadeshikoleague.jp/2015/nadeshiko1/standings.html

ざっと流れを。
試合開始

立ち上がりから気合良くぶつかる両チーム。しかしテクニックとスピードに勝るアルビが1対1を制する形で長野を押してくる。
しかしボランチ位置あたりでのプレスとチェックでペナルディエリア(PA)に入らせない守備でしのぐ長野。

そうこうしているうちに15分過ぎあたりからパルセイロレディースが中央でボールを持てるようになる。
30分過ぎくらいからは長野が押すことが多くなって来る。

ゴールに近づく事が多くなり、ついに43分先制。(15分あたりの私の予想より早かったなぁ)

後半立ち上がり。

最初のプレイがポンポンとつながり長野2点目
俄然チカラの出る長野。

しかしワンチャンスから失点。の後すぐに得点。

なんかこの流れ、今年は多いね。ツイッターで私の友人がうまくまとめてくれていたので載せさせてもらいます。
(私より前からパルセイロ、そしてレディースを見ている)
ぬけがらさん @nukegaradotnet
パルセイロレディースのホームゲームを3試合観てここまでの感想が全部同じ。
どう見ても相手の方が上手くて実際序盤から押し込まれるんだけど無失点で凌いでいるとワンチャンスで先制,
あとはホームの大声援を背に勢いで押し切って勝っちゃう感じ。楽しい。

まったく同意。
試合当初の劣勢時間を粘りで乗り切るのがすばらしい。
でもただ根性じゃないんだ。粘り強い守備への意識と運動量の賜物。

これまた知人のツイートから(長野に限らず広くサッカーを見ている方です)
源次郎 @genjilow
いくら攻めていてもあんな動き回られたら相手は絶対嫌なはず。
パルセイロレディースのは決して強いチームではないが、運動量は半端ない。 

2部のときは後半20分くらいで明らかにスタミナ切れしてたけれども、
今日は流石に最後の10分はバテていたとはいえ最後まで走り抜いていた。上位との対決が楽しみで仕方ない。

しかし、決して横山だけのチームではないぞこのチーム。とにかく走る!
こういうチームは本当に応援したくなる。

走って、ダッシュしてとにかくボールに触ろうとする。すばらしい選手たちです。
そしてボールを奪うとすばやく前方へボーを動かす。
痛快です(^^
こんなチームを作る本田美登里監督はスゴイね。そして良い人脈をお持ちだ。

個々の得点シーンは
1点目 上記のように前半最後の時間に攻め込んで攻め込んでの波状攻撃からアルビ選手をゴール前に張り付かせて、
外へこぼれたような(弾き出された??)ボールをPA左角あたりから新加入児玉さんが豪快なシュート!!
低い弾道で一気にゴールしようとするボールにアルビGK福村さん横っ飛び!手で弾き出・・・・・
したと思いましたが逆に手を弾いてサイドネットに突き刺さりゴール!

祝福される児玉さん
歓喜のスタンド


後半開始直後のプレイ

ボールが一気に相手陣内へ飛んでいく。矢印
PA右で攻防があり


これが逆サイドの大宮さんへ。
この写真の後、DFを抜いてループシューーート。ポン、とゴールイン!イヤーすばらしい。

祝福される大宮さん No8 それにしても前線にかける人数がスゴイ!

2部なら、ここら辺で気持ちが萎えてしまうチームもありましたが1部は違う。
諦めずに攻めてくるアルビさん。
中央を突破され、さらに縦のパスがGK前に入ると弾き出されたを足で合わされ失点。
失点はいつも似た形です。

どうもPAにボールが入ると、あるいはサイドからクロスを入れられるとDFの人が一斉にボールを見ているんですよ。
そしてプレイがとまっている。
今日の失点もボールを見ている間にPA右に選手を入れてしまい、ほぼノープレッシャーの中
キレイにシュートを打たれてしまいました。


しかし失点後、取り替えそう!と元気良くアルビ陣内に。
PA右外側が児玉さんが長く強いシュート性のパスをGK前に入れる。これを待ち構えていた横山さんが頭で軽くコース変える
とスポンとゴールイン!
なんというすばらしいタイミング。(写真撮り忘れました(^^;

さらにアルビを攻めますがこのままタイムアップ。

いい試合でした。
お客さんも2000人は堅いようでなにより。


試合後バックスタンドに挨拶に来てくれるチームのみんな。雰囲気は良さそう♪

この調子でがんばって欲しいですね!

おまけ
アルビレックススポンサーのコメリマークが目にしみる。
長野にもたくさんあるお店です。新潟が本拠地なんです。

おまけ その2
途中交代となってしまいましたが、アルビ13番川崎咲耶選手はとてもすばらしい走りをしていました。
自陣から長野ゴールライン近くまでまで一気の走りでボールを追ったりしていました。
そして速いのです。



ほかにも写真がありますので、WebAlbumwでご覧ください
https://picasaweb.google.com/109859058977357128031/6277104802228624689?authuser=0&feat=directlink


4/9 パルセイロレディース 2−1 浦和レッズレディース
興奮した!



勝ったどー!
相手は去年リーグ戦6位、皇后杯で対戦して0−2と負けているレッズ。
どれだけ去年から強くなれたか。

南長野に入場して目に飛び込んでくるこのビジョン。やっぱりこのエンブレムは目を引きますなぁ(^^
 強そう!

選手入場



そして試合開始!


実際、レッズ選手たちは上手くそして強かった。
前節の高槻戦でも十分に1部リーグの速さ強さを経験したつもりだったがさらに上をいっていた。
また元浦和の選手も多く、気後れ感のある選手もいた。

そうして試合はレッズの強さに押されていたが、最初の15分を持ちこたえた。いいぞ。やれる。
そしてさらに時間が進む。本田流の前線にボールを送ることを忘れない長野のサッカーをしていると

不意にその時間(とき)が訪れた

そのパスが、「ポン 」と前線の横山にボールが渡る。
横山 これを振り向きざまにシュート ギリギリ枠に行ったボールがポストに当たってゴーーーール!先制です!

あっけない先制劇にほんの一瞬スタジアムが止まった。そして湧き上がる歓声!
みんなのエースがやってくれた。この1点の意味が本当に大きかった。


これで楽になったパルセイロが攻守に盛り返す。守備のチェックが早くなりプレスが利くようになる。
中盤の攻守の切り替えが速くなる。前線へのパスがさらに出るようになる。
でも簡単にはシュートに行かせてくれないレッズの守備。
さすがは日本代表クラスで固めている守備陣です。

そうして前半が終了。笑顔の長野サポーター。

後半も一進一退だったがだんだんにレッズのスピードに慣れていくパルセイロです。
そして前半とほぼ同じような形で横山が2点目ゲット!! なんと振り向きざまのポストに当たってまで一緒!

エースの大活躍に沸くスタジアムです。

ここでレッズは選手を交代。
ボールに触っていなかったな、と思える(運動量が良くなかったのかも)選手を交代させたようです。

これが当たりか、急にボールの保持が強くなるレッズ。自陣PAまで押し込められるパルセイロです。
とくに25番の選手が上手かった!
持ちこたえられるか・・・・・・・・・ガンバレ!   ・・・・・・っ!
押し切られて失点。
意地、だったのだと思います。さすが強豪です。簡単には勝たせてくれませんね。
ここからが再び勝負。
持ちこたえるか、崩れてしまうか、パルセイロレディースの今年を占う残り時間でした。
がんばれ!

しかしここから持ち直しました!特にボランチのラインから司令塔の位置の斎藤あかねの3人が踏ん張り、
いい位置、パスの繋ぎを取り戻したように思われました。とくに斎藤あかねは最終盤に最前線に張るナイスファイト。
これで残り時間多くのあいだボールをレッズ陣内で持っていて不安少なく見ていられました。

それでもレッズの猛攻も続く。AC長野コールが声量を増すスタジアム!

そしてタイムアップ!




やった!パルセイロレディースはなでしこリーグに新たなる足跡を残したように思います。
いやー、興奮する試合でした。

課題の精神的肉体的なスタミナ切れも今日は大丈夫でした。
この先も強豪が続きますが元気を忘れずにがんばってほしいですね!

最後に。
ロスタイム直前にレッズの猶本光選手が守備で足を痛め退場となりました。怪我が軽いことを祈ります。

ほかにも写真がありますので、WebAlbumwでご覧ください
https://picasaweb.google.com/109859058977357128031/20160409?authuser=0&feat=directlink


4/2 パルセイロレディース 5−2 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻
1部リーグ初勝利 おめでとう!
攻撃が冴え、守備は課題が。

ついに長野市に女子サッカートップリーグが帰ってきた!
大原時代、1シーズンだけ1部に在籍していたのです。


いろいろとトピックあるのですが、まずは観客2500人超えを称えたい。
増えてないって?! ええ、微増です。でもこの数ほぼ固定なんですよね。去年から。
固定客が2000を超えるチームはなでしこリーグ1部の上位だけ。
http://ao-akaki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-8fb3.html

たくさんのお客さんで選手もチームも後押ししたいものです(^^

試合の相手は去年9位となり、ノジマステラさんと入れ替え戦をしてHome&Awayと連続でノジマさんを寄せ付けず勝ったという。
意地が今日の試合の勝負のあやになるだろうと感じました。

まずは試合流れをざっと。

試合の入り。
スカパーなどでJ3開幕戦のパルセイロと大分トリニータの試合をご覧になった方はいますでしょうか。
その大分のように、気迫強く当たりに来る高槻です。
対する長野は横山、斎藤を筆頭に負けずに押し返しますが2部では出でこなかった場所から足がフィジカルが押し出され圧倒される
個々のプレイが見られます。

そして上手い選手も多い。

目立ったのはヤハリ#14丸山桂里奈さん。そして#7成宮さん(ボランチ #24北川さん(サイドバック

それは攻撃もそう、いままで通ったはずのパスが通らない、カットされる。
「前半のうちに慣れてくれれば・・」と思っていましたが。
10分、守備ラインからセンターへでたボールが横山に。 
これをまさに個人技で受け、DFをかわし、トリブルで飛び出し、GKとの1対1を制してゴール。

ここで流れが変わる。
緊張、硬さの取れた、特に中盤の選手たちが生き生きとプレイをはじめる。中盤での支配が強くなる。
前線へのボールが増えてくる。

前半3−0!

ハーフタイム 他会場の様子が告げられ「ああ、1部なんだな」と実感した(^^


後半に入り、本田パルセイロの特色のひとつ、相手陣内の空きスペースへの流し込みパスが出るようになりパルセイロペース。
流れの中で斎藤あかねがゴール。これは新しい!

しかし疲れ出たのか、守備が、というより当たりがゆるくなったと思ったら簡単にクロスを入れられ失点。

だがしかし、奮い立ち再び攻勢。そして取るゴール。すごい!58分

しかししかし、ロスタイム、もういい、とは思わなかったとは思うのだけど最後の最後に集中が切れ失点。
高いボールはペナルティエリア内で簡単にバウンドさせてはいけない、の鉄則を守れなかった。
守備全員がボールウオッチャーになっていました。


手放しでは喜べない試合ではありました。
でも希望は大きい。横山さん以外でも流れの中で得点できるつよい攻撃を持っているのです。
とにかくチカラをつけてほしいな。がんばれ!レディース!


得点シーンは
10分
守備ラインからセンターへでたボールが横山に。 
これをまさに個人技で受けました。1人DFを背負っていたのにボールタッチと同時に反転、
低い姿勢のターンでDFを抜く得意のプレイ!
そこからトリブルで飛び出しグングンとゴールに迫る.DFをかわしてGKとの1対1を制してゴール!

33分
PA右角付近でボールを貰った横山の先生。DF2人に迫られる。華麗なボールタッチで2人を振る。
左に隙があったので「左 足 で 」シュート! これがループ気味に、バナナ気味に捲いて落ちる絶妙なコース。
GKをすり抜けサイドネットにドスン!

前半ロスタイム
高槻陣地左からの展開にロングランで走りこんできた 大宮玲央奈さんにドンピシャパス。うまく合わせてゴール!

58分
サイドへの展開からすばやくペナルティエリアへ入る攻撃陣、飛び込んできた齊藤あかねさんにボールが渡りゲット!!

73分
後半体力がおちて当然の中、それでも走り続ける泊志穂!何度もゴール内への突入を試みるもボールが渡らない。
そんな中、右のスペースに入ったボールを泊さんが受ける。しかしもうゴールライン近くで角度が無い。
2度ほどのフェイントの後シュート放つ!>どうだ<通ったか! 入ったー!ゴール! 実にお見事(^^

どれも素晴らしいゴールでした。

この調子で行きましょう!!

ほかにも写真がありますので、WebAlbumwでご覧ください
picasa版https://picasaweb.google.com/109859058977357128031/20160402?authuser=0&feat=directlink
Google版https://goo.gl/photos/n29a5TcVa1apMNUs7

戻る


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

ガウクルア赤