まるいたろうが見たAC長野パルセイロ 2016 J3編


6/12 パルセイロ 2−0 FC琉球
気迫が見えた

今日は勢いがあった。
そしてなによりも良かったのはボールをもらってからパスを出すまで迷っている時間が無かったことだった。

なんというか、J2昇格へ「後がなくなった」という感じがしてきたパルセイロです。
そして今日は今年強さを見せている琉球。

まずはFC琉球さんについての感想から
とても逞しくなった。プレイに自信が見え、堂々としている。
勝っているせいもある思うが意識改革があったのかもしれない。

次にパスやトラップといった基礎技術が格段に上達していた。ミスがあまり見られなかった。
攻撃時にパルセイロDFの守備をワンツーパスでかわすことが多々見られたが、パスミスでボールを失うということが無かった。
素晴らしいチームでした。

元パルセイロの田中恵太選手も実に堂々としていた。


さて、われらがパルセイロです。
試合が始まって琉球陣内へ押し込む。ちょっとイキオイあるかな(^^
と思っていましたがこの勢いが出だしだけでなく継続していたのがいい。

ついつい自陣で固まってしまっていた前節までと比べ、MFの多くが相手陣内に入っているようになり攻撃が繋がりやすくなった。
一足飛びな説明になってしまいますが、監督の指示として
「守備の比重」を下げた様に思えました。

とくにMF、殊にボランチの選手のプレイ位置が高めになり攻撃に移ったときセンターラインを越えるタイミングが速くなって
いるのがよかったです。

25番の有永 実は有永のボランチはどうか?と思っていたのです
というか2列目に入ったときの方がパフォーマンス良いのです。2014年の天皇杯名古屋戦のように。
でも昨日はボランチに入りながら攻撃への参加が豊富。
とても良かった。しかも前線に入りながら琉球の攻撃のジャマをする多機能ぶり。
自陣での守備を軽減されたせいかなぁ、ッテ思うんです。

試合は琉球が押し込み、長野が押し返すといった一進一退の攻防となりましたが、前半37分
松原のスローインから始まった攻撃が天野のすばやいクロスを内野がドンピシャ頭であわせて先制!
これは気持ちいい!
スカパーのダイジェスト動画をご覧ください。
http://soccer.skyperfectv.co.jp/movies/jleague/2pRxU0WOzPI/

そう、今日は久しぶりに怪我から天野が復帰。

運動量豊富な天野の上下の動きから何度も攻撃を組み立てました。やはり天野の動きは速い。これがいい。
動き出しに迷いが無く速い。パスをもらってから出すまでが速い。そしてクロスは正確。

また天野の復帰に伴い夛田が左サイドに入りました。夛田サンはどうも左のほうがプレイがスムーズに感じます。
今日は今までに無いような高い位置まで攻め上がります。
イイネ。



積極的な攻撃が結果的に琉球の攻撃の回数を減らしました。

そうこうしているうちに後半も後5分となったところで、GK三浦の蹴ったボールが一気に前線へ
塩沢がDFと競り合いながらジャンプ中に頭でボールにさわりボールは途中出場の勝又へ。
GKと一対一になりドリブルしながらGKをかわしてシュート、ゴーーール!

いやー、かっこ良かった!!

5分のロスタイムを経て試合終了。よかった!!
今日はなんといっても積極的な攻撃がよかったですなぁ。
そして相手陣内への上がりがとても良かった。
ボールを失わないように、上がったら守備はどうなる?
といった頭でっかちな思考を捨て、まず相手陣内へボールと人を上げるようになったのがよかったと思います。

この調子でさらにがんばってもらいたいなぁ♪
ガンバレ、AC長野パルセイロ!!

おまけ
天野は守備もすごい。大きい選手にも、ものともせず競りに行きます。
琉球のFWパブロ選手にも向かっていきます。そして一回は空中で競り勝ったように見えました。すごい!

パブロ選手(奥)184cm 写真の7番田中恵太選手169cm
天野163cm
.
GK三浦
今日は何度か守備陣を上げさていた。守備陣を叱咤していたように思えた。実際コーチングは見事の一言。すばらしいGK!
ゴール前を自分で埋め守る龍輝。得点が欲しいんだ!その気迫がいい。



ほかにも写真があります。Webalbumでご覧ください






5/29 パルセイロ 0−1 FC東京U23
混乱、しているのだな と感じるチームです。

点が入る気がしない試合でした。

試合が始まり、相手陣内に押し込んでいく。
でも元気がイイのは最初の10分だけだった。
選手が動かないんです。走らない、のではなく動けない感じです。
守備のときは懸命に走ってます。カバーの得意な選手も多くよく走ります。
でも攻撃になると前に、相手陣内へ行けないんです。

そうこうしている間に、東京の素早いリスタートからユ・インス選手の見事なドリブルシュートで失点。
失点自体は、スパらしいプレイの結果で仕方ないんですがそのあと取り返してやろう!
っていう意気込みが見えてこない。
いや、選手の気迫はあったと思います。でも攻撃に工夫が無かった。

散発的に前線にボールを入れて、跳ね返されて、まだ守備して、の繰り返しでタイムアップ。

むう・・・・。

攻撃が空虚でした。ボールを前に蹴って、FWが競るだけ。
組み立て、というものが無いのがつらい。いや、よく言う「放り込み」だと言っているのではありません。
上手く受けられれは放り込みは立派な戦術です。

今のパルセイロは放り込みでも、キラーパスでも上手く受けられないんです。
なんというか、攻撃のときに相手陣内にいる選手が少なく、結局受け手はFWの2人だけということが多いです。
後ろからフォローに飛んでくる選手もいない。
だからパスを受け損なったら簡単に相手にボールを拾われてしまう。
これでは攻撃を組み立てる事ができません。

別の書き方をすれば
今のパルセイロの問題点は、
どの位置でも相手のボールを奪ってから攻撃に移った際に、相手陣内にいる又は相手陣内へクイックに入る選手が少ないことです。
荒田と近藤(or別のFW)しかいないことが多い。
だからパスを出しづらいし、出してもこぼれたら拾われてしまう。
要するに攻撃の手数が圧倒的に足りないのです。

サッカー用語で言う2列目3列目あたり、センターラインから相手側に人が少なすぎるんです。

今日のフォーメーションは前半はこうでした

ちょっとネタ絡みですが、J1の観戦経験も入れて、
こういうきれいな5バックにして積極的に点を取れたチームを見たことが無いです、ハイ(^^;
なぜなら、後ろにいる=前線から遠い→攻撃参加が遅れる
というわけです。
両サイドの2人はせめて写真の主審の位置、できれば手前の東京選手(この場合は駒野サン)くらいに上げていてほしいなぁ。

ま、それは今日だけのハナシとして。
これが攻撃になったとき、前列の2人が前線に入る訳ですが後続のMF、そしてDFがなかなか自陣から上がってこないのが
とても気になっています。
「ビルドアップ」とサッカー記事で書かれる事がうまく出来ていないのです。
参考記事
http://www.sakaiku.jp/words/ha/000166.html

https://opinion.sk/article/10116

https://www.youtube.com/watch?v=LHCUadKnSVA

ボールを奪ったら前の2人だけでなくその後ろの3人も上がっていかなくちゃならないのになかなか相手陣内へ上がらない。
今日の5バックでいえば両サイドの2人はいの一番の出て行かなくていけない。でも上がらない。

だから攻撃のボールの受け手が2人しかいない。

逆に言うと、FKやCKのセットプレイでは点が取れるのは、
相手陣内にたくさんパルセイロ選手がいるから、ということです。

J3としてはとても良い選手がそろっていると感じます。

去年の末期、衛藤さん指揮の時に時間間際のパワープレイでは点が取れていた の謎や
前回のホームゲーム 福島戦の最終盤の2得点は松原が前線に上がったまま、
またMFも2人ほど上がったままだったからボールがつながり点が奪えたと見えました。


チームが混乱しているな、と感じられます。
ピッチ上の選手たちがなにをすれば点を取れるのかわからなくなっているように見えます。

そして私の文章も取り留めなくなってきててますね(^^;

とにかく、「ボールを奪ったらボールと人が前に進んで相手に迫り、相手守備をかいくぐりシュートする」
それが出来ていない。
何故か!何故なんですかね。

今日何度も書いていますが「ボールを奪ったら相手陣内へみんなで攻撃に行く。」
それが現代サッカーの攻撃では??
と思います。
特に!「ボールと人が前に進んで相手に迫り」
その人手が足りてない。上がるタイミングが遅いのです。
何故FW以外相手陣内に積極的に入っていかないのか不思議でなりません。
シンプルに高下して欲しい。そんなサッカーが見たいな、と思います。

おまけ
今日の相手GKはデカかった!波多野豪選手 196cm!!

この高さに対応した攻撃というものも出来ていなかったなぁ。

お客さん









戻る


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

ガウクルア赤