まるいたろうが見たAC長野パルセイロ 2018 J3編

5/6 パルセイロ 2−2 ザスパ草津
ほんとうに、このサッカーでは勝てない っすよ浅野監督
4/28前回の観戦記で「ほころびの中から失点」とあまりにあっさりした失点が不思議に思えていましたが
前節アウェイ鹿児島戦をDAZNで見ていて何が悪いかわかりました。
ダイジェスト動画リンクです
https://sports.yahoo.co.jp/video/player/672204

対人守備が上手かったパルセイロはいつのまにかボール保持者にコンタクトどころか詰め寄ってプレッシャーを掛けることも
しなくなっていたのでした。
ツイッター投稿より
「パルセイロは失点の仕方が良くなかっなぁ
 ボール保持者に誰も突っかかって行かなかった
 また誰がどのエリアを担当するか、という決め後が実行されてないように見えた
 そのため相手選手に自由にパスを出されていた。
 2点ともね
 何故そんな守備をしているのか不思議でならない」

そりゃあ、相手がいい位置まで来たときにあっさり決めちゃうよね・・・
なぜこんなことになっているのだろう?
こういう場面で、むしろがんばって自由にさせないのがパルセイロの守備の強みだったのに。

得点シーンは、なかなかよかった。
1点目は後方からのパスを受けた津田がゴールエリアに突入してGKをかわしたところでGKが津田の足を掴んでしまい
PKに。
PK成功シーンを連続写真でどうぞ!






2点目は
後半のの後半ようやく攻撃陣に元気が出て相手陣内への上がりが多くなったところで、東の果敢なミドルシュートが見事な地面すれすれの軌道で
ゴールにドスン!
いいゴールシーンでした。

こういう上がりの良さがほしいですねぇ。
そして同点に観客席も大喜び


もうひとつ良かったのが前半攻撃に行かなかった西口が後半は見事なオーバーラップを見せていたこと

この攻撃参加はとてもいい武器になります。

そのあとも攻め続けますが、得点に結びつかず結局引き分けに。

とにかく守備がいまマズイですね。
どうしてあんなにゆるゆるなになってしまったのか。
なんとか立て直してほしいよパルセイロ
頼むよ!
ガンバレ パルセイロ!

4/28 パルセイロ 1−2 セレッソU23
チャンスの作れない攻撃
守備の中の一瞬のほころびから失点


スタメンを見る
堂安がいない・・・ 新井が今期絶望のケガの中、堂安だけがゲームを作れるボランチなのに


試合はやはり前進力がない。
ボールが前に出ず、という繰り返し。

試合は途中出場の津田さんが見事なシュートで1点を返した事だけが収穫

きびしい。

このサッカーを続けていても勝てそうにないと思います。





4/8 パルセイロ 2−2 アスルクラロ沼津
勝ちたかった。そして勝てる相手だったように思う。


興奮はする。再びの後半ロスタイムの同点PK。
また、運がよかった。首位鳥取が引き分け、2位の沼津と引き分け。
見た目上勝ち点差は変わらない。

しかしこれでいいのか、といえば良くない。
前節あたりから勝ちを重ねていかなくてはならないのに、2試合で勝ち点は2 
なにかを変えなくては上昇できないと思います。

今日は先手、主導権(先取点、逆転の得点)を取れなかったのが良くなかったなぁ。

ボールを奪った後、センターラインを過ぎてもう少し上までの攻撃の動きは去年よりスムーズに行くことも多く確実に改善していると思います。
実際 相手陣内へ上がりが良かった時間帯もありました。

ですがペナルティエリアに近づくと切れ味が悪くなりスピードダウン。
そしてパスミスか相手DFにコンタクトされてボールをロストして攻撃ターンは終了。
今日もその繰り返し。
もうひとがんばり、一工夫あればいいのになぁ、と思う。選手はなかなかがんばってると思う。
ただ工夫する知恵の引き出しがないんだ。
それを補い、教え導くのが指導部の役目と思うのだけど違うかな??

とにかく相手ゴール前で確実なプレイが見たい。
だけどゴール前で強い武器がないのがいまのパルセイロ。それを例えて言う

必殺技の無い特撮ヒーローの様

それがパルセイロの攻撃だと思う。
攻め込みは良い でも相手を討ち取るフィニッシュが出来ないんだ
得意な形がない
この攻撃の形を取れば高い確率でシュートに行けるという武器が無い

強いチームは必ず持っている物と思っている。
サイド攻撃、とくに左側が得意
とか
ドリブル突破からシュートが得意
とか
どの角度から上げでもパスを受け取れるクサビのFWがいる
とか

それがパルセイロにはないなぁ、感じます。
地域リーグの頃は兼さんというFW 地域からJFL時代はウノというFWにラストを任せれば心強かった。
得意なパス回しの形もあったと思う。

今はその場限り。思い付き(よく言えば柔軟な攻撃の着想 だけど)と偶然や運で攻撃の形が作られている。
そのせいか、意思の統一が出来おらず攻撃意図が合わずにパスが通らないことが多い。
またそのパスも正確性に欠けているように見えてならない。

再び同じ事を書きますが
もうひとがんばり、一工夫あればいいのになぁ、と思う。選手はなかなかがんばってると思う。
ただ工夫する知恵の引き出しがないんだ。
それを補い、教え導くのが指導部の役目と思うのだけど違うかな??


美濃部さんも、フミタケさんも、そして浅野さんも決まって言う
「攻撃は選手に任せている」
J3になって共通しているのはこの一点 ここが問題ではないか?
一昨年あたりから気になって仕方がない。

J3で強かったチームは、1つか2つの攻撃パターンを念入りに、丁寧に、しつこく繰り返している。
相手ゴール前であまりミスをしたところを見たことがない。
J3においては監督が攻撃のカタチについて指揮を取る必要があるのではないのか?と思うのですが 正解は??

さらに言うと
やっぱり攻撃に転じた時に手数(人数)が足りないなあ、と。

相手ゴール近くにもう一人か二人いれば、というのが何回あったように思う。人手を掛ければ突破できそうな場面がある
しかし多くの場面で1人で突破にかかっいるので、一度ミスまたはDFにコンタクトされただけでボールを失ってしまうことが多い。
フォローが欲しい、ととても思う。

今日もう2点は取れた試合だったように感じます。

もうひとつ、守備についても
伝統的なJリーグ的サッカー、守備をするパルセイロはJ3で得点力のあるチームにカモにされやすいと感じてます。
センター(ハーフウェイ)ラインとゴールの間に守備ラインを引くと相手は喜んで進入しちゃうんです。
そして3人も入ればパス交換をしてゴールに迫りシュートに来る。
パルセイロは自ら危機を招き入れているようにも見える。 
相手ゴールキックの時、じりじりとDFラインが下がってきてしまい、その間に相手選手がパルセイロ自陣に入って来てしまっている。
相手GKがボールを蹴るまで、DFラインをもっと高くしていてもいいのになぁ。
オフサイドというルールもある訳ですし。

そんなこんなでマニアの戯言を書いてきましたが、戯言ついでに要点をまとめてみます
1. ボール奪取から攻撃へ転じたときに切り替えが遅い。
2. 押し上げの人数がたりないと思う。ボールが相手ゴールに近づくころには相手陣内へ4、5人は最低入っていて欲しい。
3. 得意な攻撃のカタチを持って欲しい。 
4. 守備より攻撃に重点をおいて欲しい。

ないものねだりなのかもしれませんが、基本的なサッカーのあり方を変えないとJ3で勝てない気がしています。
別の言い方をすれば J3に合ったサッカー構築する必要がある、と感じてます。
今日のサッカーで、そしてメンバーでJ2なら戦える、のかもしれないとも思っています、ですがJ3で×なのかも、と。
さらに言えば
実は先週の北九州の試合のほうが相手がタフに思えた
そんなにいいサッカーかな? 沼津のサッカー
たぶん「Jリーグ」的には穴の多いサッカーではないか?と思う
J1と試合したら強いとは思えない でもパルセイロはJ1と天皇杯で善戦するよね
でも沼津のサッカーは得点量産するからいいサッカーだ
そう、それがサッカー
そしてJ3じゃないかな。

この写真は同点に追いついたときのもの。
こういうシーンをたくさんみたいものですね(^^

がんばれ パルセイロ!

その他の写真はWebalbumでごらんくださいませ


4/1 パルセイロ 1−1 ギラヴァンツ北九州
衝撃の幕切れ! ロスタイムの同点弾!

と興奮する幕切れでありましたが、今日は相手はどこであれ勝って勝ち点3をとらなくてはいけない試合でした。
試合開始




試合は北九州ペースで始まりました。
ここなんですよ。最初から自分たちのペースでなかなか試合をはじめられないパルセイロ。ここ数年の悪い癖と言えましょうかねぇ(^^;

自分たちでどんどん相手陣内を侵略していくような勢いが欲しいんだけどなぁ。

しかし序盤の相手の勢いに呑まれずしのぎきり、20分過ぎからは攻撃をしかけます。 
今年から監督が攻撃の形を変えて来たようです。

自陣からのクリアとも流し込みともいえる長めのパスを使い、ボールを前線に出します。
これはなかなかいい。
でも今日は前線に収まらない。
シュートに行けるのは、偶然うまく収まったときだけ、という印象です。

攻撃が単発となり、ゴールキックで再開、という場面が続く。
あるいは相手の時間帯となり、攻撃され防ぐ
の繰り返し。
決定的 と言える場面が両チームあまりないまま
(GK小澤がファンブルしてヒヤリ、という場面はあったけど びっくりした♪)
後半も終盤へ。

パルセイロの勢いが弱まったかな??
と思った後半も42分、左サイドを勢いよくドリブルで突破され上がったクロスをどんぴしゃヘッドで合わされ失点 0−1
うなだれるスタジアム。

しかし正規45分を過ぎ、ロスタイムに入り時間の無くなるなか選手たちが猛然と北九州陣内へと上がっていった。

(画像はダイジェスト映像より拝借 画面をカメラで撮りました)
 ハイライト動画はこちらからどうぞ!
 https://www.youtube.com/watch?v=oQh9mu61xRA
 
そしてゴール前の密集から何度かのシュートの後、こぼれ球を竹下レオがダイビングヘッドで押し込み同点!!
これはカッコイイ!! 画像左の都並の思い切ったクロスがよかった。

そして試合再開のキックオフのタイミングで試合終了!!

よかったよかった
・・・ふぅ
ウーン、興奮はしたけどやはりこの試合勝たなくては意味がなかった。

これで1試合長野が少ないとはいえ、勝ち点が首位鳥取と8 2位沼津と7離れる苦しい序盤戦となってます。

しかし、今日のの最後のプレイではっきりしたと言えましょう。
パルセイロに足りないのは攻撃の人数です
ボールがDFからセンターラインを通ろうというとき相手陣内に選手が少ない
FWは行っているけど、サイド、MFの上がりが良くない。
だから相手は守りやすい
その真逆が得点シーン 左右いっぱいいるからどこに的を絞ればいいか判りづらい
だから隙ができる。

ではなぜ上がりが悪いのか。
1.切り替えが悪い。 
  ボール保持の選手と最低限のDF以外はサッと上がって欲しい。
  個人的趣味でいえばボランチも1枚はすぐに相手陣内奥へ、もう一枚もセンターラインは越えて欲しい。

2.守備に掛けすぎです
  守備の時、全員で自陣戻っていることが散見される。FKが直接ゴールを狙う距離なら仕方ない気がしますが
  そうでもない時にFWまで戻っていることがある。またCKならほぼ全員戻ってる。
  だからどうしても相手がこちらの陣内へ入ってきてしまう。

3.もっと走ってほしい。
  同点のシーン つまりは相手が慌てているから隙が生まれるのです。
  こちら陣内からボールが出て行くとき、勢いよく左右選手が上がれば、あるいは一気にあいてGK前に迫れれば
  相手は慌てるものです。これがJ3山口式(勝手に命名)

4.前進力が弱い選手がいる
  パスを出す時、第一選択に前がない、とはきつい表現ですが
  すぐに前面の相手選手を避けるパスを出すことが多い
  その点で優れているのがボランチの新井とそして新井と同時使用のときの国領、そして今日出場の堂安
  堂安はいいね。常に1列目と2列目を見ていてパスを出そうとしている。
  実際、堂安が交代してからチームの前進力が目に見えて減ったと見ました。  


その、なんというか(^^;パルセイロは悠長にやってるな、って。
ハイライト映像を見る限り、上位チームはみんなパルセイロ150%くらいのスピードで攻撃に上がっていくんですよ。
最近はやり言葉の「スピード感」がほしいなって思います。

あともうひとつ、これは完全にサッカーオタクの勘というか妄想ではありますが
監督の作戦が細かすぎて、選手が実行出来ないのばないか??
という気がしてなりません、気になるのはセンターを越えて相手陣内に入ったあたりの細かいパス。
たしかにうまく行っているときはパスで相手選手を抜いてますけど、ただパス交換に終わっているケースもよくある。
そんなことよりとにかく前にボールを出せば前方が空いていたりするんだけどなぁ、って見ています。

またDFラインでボールを奪ったとき、ほぼ自動で前に出せないのかな??と思ったりします。
大したプレッシャーでもないのに横パスやGK戻しが多い。
なにか(想像に難(かた)くないのはセーフティ パスを取られないように、という危機管理)
判断をさせられているのではないか??

ぶっちゃけて書くと、山口以来J3で強いチームは攻撃のときセーフティなんて考えてる選手をあまり感じない
そんなことより監督の指示通り、あるいは己の感性に従ってどうしたら攻撃のパスを通せるか
それしか気にしていない気がしてなりません。

選手の技量以上のことをさせているから弱気になっているのではないか、
実は美濃部さんの時も、フミタケさんのときも感じてました

もっとシンプルなサッカーをしてほしいなぁ、って思います。
監督の「しっかりした守備から」の一言が選手に圧し掛かっているのではないか?と気になって仕方ありません。

あるいは攻撃一辺倒も面白いかも♪ 今年の横浜マリノスのように
https://www.youtube.com/watch?v=vDf5AIoyscM マリノス−レッズ
https://www.youtube.com/watch?v=yC3__fUweqg マリノス−エスパルス


来週はその沼津戦 ここで勝たなければ今年は終わり、と思ってがんばって欲しい!
頼むぞパルセイロ!!

それにしても新加入の堂安と竹下レオはとてもいい!



その他の写真はWebalbumでごらんくださいませ


3/21 AC長野パルセイロ 1−0 FC東京U23
雪中のホーム開幕戦 まだ調整中の攻撃にも明るさはある。
なんにしろ勝って良かった!!

勝ったワ! うれしいねぇ(^^
3
月も下旬になろうというのに雪の降る南長野。
4日前にも試合があったのでメンバーを入れ替えてきた。
なんと、新加入の竹下と堂安を先発起用。そして遠藤も。

三上のSB起用も継続。攻撃への比重の変化を感じ取れる布陣ですね。
公式HPのメンバー表です

試合開始

ボールを持ってからのスピードが去年より早い&速い。
ボールを貰ってから考えるところが少なくなり、またパスのスピードも速く、さらに受けた選手のその後のプレイも
クイックになって来ている。
だから流れるように相手陣内へ入っていくカンジが見ていて楽しい。

選手の動きの速さ、攻め上がりの人数速さ、積極性どれも去年より良くなっている。
センター(ハーフウェイ)ラインの10m上までは楽しく見られる♪
ただ、GK見える距離あたりから勢いがなくなるのが残念。ここからのプレイがまだ考えながらというところ。
またパスが不正確でパス成功率が低くラストパス、シュートがなかなか出来ない。
攻撃にリズムが出ない。

ここが治し所かなぁ。鍛錬不足かとは思うのでもっとカタチを突き詰めてもらえればきっとできると思う。

そんなこんで、両チームとも大きなチャンスが少ないまま前半が終了。

後半
開始から遠藤に代えて都並が登場。元ちゃんはなんだかおっかなびっくりしていて積極性がなかったなぁ・・・
逆に都並は上がりへの積極性、プレイのキレが良く停滞していた左サイドの流れを良くしてくれた。

前半よりさらに相手陣内への動きが良くなりゴール前へ迫ることも多いのだけど、
決定的
というチャンスが作れない。

しかし三上が左からゴール右上をあたりを狙った山なりのクロスが、そのままスルッとゴールイン!
おおお!
これはうれしい先制点!

しかしそのあと、期待の河合が2枚目のイエローカードで退場となってしまいました。
しかしあまり守りに入ることなくボールを動かし続けるパルイセロ
これはとてもいい。守備ラインが下がってしまうこともなく主導権を東京に握らせない。
これしいままで数年見たことがなかった。
ここはかなり進化だと思います。

2点目が入れば、とも思いましたがそれは出来なかったけど、最後まで守備ラインが引いてしまうこともなく試合終了
となりうれしい今期初勝利となりました。
よかった(^^

今日初先発した竹下と堂安はとても良かった。大学を卒業したばかり(あ、まだ一応学生の時期か。3月いっぱい)
と思えない落ち着きと積極性でチーム貢献。
この先がとても楽しみです。



また鳥取から加入した河合は積極性の塊のようなプレイ。
左サイド前方で攻守に奮迅します。
思い切りも良くとても期待したいところ。


今期初ホームゲーム 気温低く(3〜5度ほどか?)強風、積雪のなか3800人越え

なかなかいいんじゃないでしょうか♪

雪の様子は以下の写真で




最後に試合開始時のビジョンを。

「今年もあけましておめどうございます」

今後はパルセイロの調子が上がるように願っています。

その他の写真はWebalbumでごらんくださいませ


3/17 
DAZN観戦より
アウェイ相模原戦 DAZNで見ました。
2−0とするも 追いつかれる 残念!
攻撃内容はとても良かった。 

写真は友人のものを借りてます
サイドバックの三上がゴール手前まで上がってクロス!
津田がヘッドで豪快にゴールに突き刺して先制!!
三上も津田もナイス!
右サイドの上がりから、三上がクロスを入れると津田の頭にドンピシャリ。
ネットに突き刺さって先制!
いい流れです。三上はSBだったんだけどなぁ。
つまり上がり、攻撃参加が良いと言うこと。

さらに攻めるパルセイロ
後半は攻め立ての中から河合がドリブルでPAに入るところをDFがたまらず足で止めてしまいPK
これを自身で豪快に沈めて2点目!

しかしこのあと、相手の見事なプレイもあって同点とされてしまう。

今日のパルセイロ2得点はとても良かった
積極的な仕掛け、相手ゴール前に上がっていく選手の数、パスの速さ強さ
どれも去年を上回るもので「得点の気配」がした
1点目、津田も見事だけどそこにいたる有永三上のフィールドを見る目、仕掛けが良かった
2点目もパルセイロの圧力に屈したと言って良いかと

1点目
三上有永の上がりに中央逆サイド共に上がって相模原はあわてて戻っていてそれで隙が出来た
2点目はやはりパルセイロ選手の上がりに守備陣形を固めるも河合の予想外のドリブル突破にたまらず足を出したのがPKの原因と思う
なかなか、ここ数年見られなかった形で浅野パルセイロの進化と思う

とにかくプレイスピードが上がっているのが好材料
パスもここ数年「どうしてもうちょっと強く速く打たないの!」
と思っていた部分が改善され、バシっと強くパスが飛びパスの受けも良好♪
見てみいて気持ちよかった
このプレイスピードの向上がなければ津田のゴールは無かった
速かったから決まった!

しかしながら
2得点してさて、どうする?というところで、チームの未完成部分がでたのかな?と
現地で見た友人曰く「3点目か守備固めか意思の統一がなかった」
中盤がルーズになったところで相模原ガブリエル選手にいい位置に入られてしまい
北井選手のカーブが掛かったクロスを見事にトラップ、シュートと決められた

1失点は仕方なかったと言えるけど
そこでおろおろしてしまったパルセイロイレブンが良くなかった
一点あるわい! という余裕が無かった
慌てたのか守備で落ち着きがなく、監督が課題と言うセットプレイでマークの徹底がなかった
残念
この場面 ”オレたちは強い” というメンタリティーが足りなかった

しかし、去年までのようにズルズル行かずに反撃に出たのが良かった。
ただただ引き篭もってなんとか失点せず、という試合をたくさん見てきたけど
今日は反撃してチャンスもあった。

今日のことを糧として、今シーズンはさらに強い試合を見せて欲しいと願います。#AC長野パルセイロ

そして最後に厳しいと思いつつ私の希望を書きたい
萬代さん なんとかボールをGKを破ってゴール枠内に頼みます・・・
厳しいマークのなか シュートに行くということがすでにパルセイロでは見事なプレイなんですが、今日1点は取れたと思うのです・・・

3/10 
DAZN観戦より
一体感ダービーに0−1と破れる
残念!

土日と忙しく、ダイジェストしか見られていませんが、攻撃の勢いと手数選手数は増えように見えました。
あとは勢いかなぁ。
あと、大島の退場は解せないですねぇ。
あれ、例え触っていたと見たとしても。レッドの勢い(危険なプレイ)かなぁ・・・
後ろからだから一律レッドなのかなぁ。
ざんねんだなぁ。

DAZNでフルタイム視聴したので気になったポイントを列挙しておきます
パルセイロは選手の動きが去年より速い。いいね。
そしてGK小澤の補強が効いてる。
ボランチ新井の欠場が痛い。ゲームメイクはチーム随一と思う。
ボランチは新井と、相棒として明神か国領ががよいと思うのです。

新井のゲームメイクについて言及したところで、試合を見ていて気がついた
パルセイロの選手は職人型が多いかな?って。個々の仕事はすばらしい。
ただ大局的にゲームを見ていることが、そしてそれをいじってやろう、という事が少ないのかも。
特に浅野監督のやりたいサッカーでは、そういう嗜好(誤字でなく)の選手がDF、MF、FWの各ポジションに必要なのかもしれない。
常に相手の隙を伺うのだ。
逆に突進型のチームはそういう侵略、進入ルーチンは監督がデザインしていると思われます。J3山口方式と勝手に呼んでます。

藤枝さんは選手の入れ替わりで9人替わったらしい。
ガムシャラに前に前に、で無くなったように見える。
それが長野が1失点のみだった理由かもしれない。
実は恐ろしさが減っている。
逆に1失点した理由は大石監督の指導か、どこでもクロスやシュートを打ってるくる積極性かな?

現在失点の少し前
パルセイロはいよいよ上部リーグのようなサッカーになってきた
このままJ2で勝てそう!
しかしこの上部リーグのようなサッカーがJ3で流行りのサッカーに弱い側面がある、と私は思ってたりします(汗
対策はさらなるスピードアップと精度の向上とミスの低減を!

失点
なべちゃん(渡邊リョウタ選手)、あれは狙いと違うよね(^^;
あ、ボール当たった、だよね〜
アシストしたコマキ選手は狙い通りだったかもしれないなぁ。
いずれにしろこれは仕方ない失点かなぁ。なべちゃんを見てGK小澤はニアサイドに動こうとしてたし。
パルセイロは得点をしないと!

試合最終盤 なんとか得点しようという選手たちの気迫は良し!

試合終了
互角、という内容だったかなぁ。
パルセイロと藤枝に差があるとすれば、ボールへのタッチの速さ、かなぁ。
お互いに足を出して取り合う場面で、競り負けてる印象がある(取られてる
4:6くらいでボールへのタッチが負けているかも
やはりプレイスピードがカギかなぁ

去年より進化しているJリーグ的サッカー これを磨いていくのが長野の道、かな。

おまけ
寺岡選手 やっぱり今年もちょっとしかめっ面で試合をするのねぇ(^^
ゴツめの体、いかり肩、ちょっと猫背な首とお顔、そしてしかめっ面
大好きな松田直樹を彷彿とさせるゼ♪空中で相手を弾き飛ばすところもね。
ひいきにするゼ♪

戻る


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

ガウクルア赤