まるいたろうが見たAC長野パルセイロ 2016 J3編

10/15 パルセイロ 1−0 トリニータ大分
乾坤一擲 勝利は長野に。

いやー、勝ててよかった(^^

いろいろあったここ最近。リーグ戦としても最後の希望の位置。
サア、どうなる!




試合開始

両チーム、慎重に入ったかな?という入りでしたが、だけど次第に暖まってくると気合が入ってくる。
とくにパルセイロの選手は気合が感じられ、ガツン!とぶつかるプレーが見られます。


パルセイロは中盤のスピードが少し速くなった?かな?と思われ、幾分推進力が増したように感じられます。
しかし、そう簡単に前線にボールが入るというわけにもいがず、またボールが納まりづらいのも事実。
でも繰り返しになりますが、選手の気合が良く見ていて頼もしい。




見応えがある試合ですが、結果としてチャンスが少なく、前半は終了前の1チャンス、佐藤エウキに入ったパスからの
シュートくらいではありました。
もうちょっとシンプルに組み立ててもいいかな?とは思っていました。

それにしても大分の選手は上手いですな。いままでのJ3チームと比較してプレイに無駄が無くそして速い。
フィジカルも良い。
・・・だからJ3はだんだん難しくなるなぁ(^^;



さて、後半開始。
しかしここていきなり試合が動く。
前線に収まったな、と思ったら上がってきていた夛田が仕掛けてからシュート!



こぼれところを今日先発出場していた菅野がゴール左で拾って、さらに中央へ仕掛けてシュート!

高目のシューヘトコース、これが見事にゴールを捕らえてゴールイン!!


やった! YES!

失点し、いよいよ前に出てくるトリニータ。
対する長野も果敢に前にボールを送りますが、なかなかゴールエリアへ入れない。

だんだんと時間が過ぎて来て、東に代えて仙石を入れるなど(27番ボランチ橋本は入ったまま)少し守備に力を入れてきたパルセイロ。


それにしても両チーム気合が良く、ガチガチ良く当たる!


ほんと、見応えがある。
でもパルセイロはまだまだ攻撃に改善の余地ありですなー。
もっとチャンスを作れるのになぁ、と試合を見ていました。

そんなこんなでいよいよ試合も残り少なくなってきた。
トリニータはDFで長身のダニエルを前に出すなど強さで押してくる。
パルセイロは松原、阪田、大島が再三体を張って守備!

そしていよいよラストプレイ! 長野ゴール左斜めからシュートが!! 強くて良いコースだ!!
長野がロスタイムに失点するタイミングとシュートコースだ!(ぎゃあああああ
しかし、(情報によると)松原が間一髪ゴールに足を出し蹴りだすナイスプレイ!すばらしいカットでした!
CKになりましたが、このCKをキッカーが見事にコースミスでラインを出てプレイ終了、そして試合もタイムアップ。

直後の写真

勝ち試合でこうなるのは珍しい。
選手たちも気持ちの入った試合だったのでしょう。いい試合でした。

私も・・・喜びすぎて、最後のビッグビジョンの写真を撮りわすれました(^^;
これで2位、大分と鹿児島とは勝ち点差4となり、また昇格への望みが見えてきました。

あと5試合、全力でがんばろう。

さて、いい試合でしたが、攻撃はやはり正確性と推進力にまだ難アリ、と書かざろう得ないところです。
センターライン付近から相手ゴール入り口までの間でパスミス、コース(強さ、長さも含む)ミスやトラップスミで繋げないことがある。
また、一気にパスをつなげばいいな、と思う場所で止まってかつ下げ気味にパスをすることがある。

見ていて「もったいない」と思うことがあります。
ここが改善されたらなぁ、思ってます。監督よろしくお願いします。

さあ、これからもがんばろう!

ほかの写真はこちら、Webalbumでご覧ください♪


おまけ
トリニータさんには大分生え抜きで元日本代表の高松選手(13番)がいるのです。
大きい!

戻る


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

ガウクルア赤