まるいたろうが見たAC長野パルセイロレディース 2013

7/28 ラスト南長野 男女2日連続の勝利に沸くスタジアム
    
・・・そして去りがたいスタジアム。


ついに、最後の日です。平和な、のんびりとした南長野の地が大好きでした。

レディースは前節、ついに勝率が5割に復帰。
レベルの差が激しいこのリーグで、もはや中段以上の力をつけたと思いたいところです。
お客さんも多分最多となる711人。

相手は14位の清水第八。
順位的には楽に勝ちたい相手ではありますが、そうは行かないのがサッカー。
実際、苦戦です。
ここ数試合のような選手のキレや思い切りの良さが見られず、相手ゴールに押し込む場面が少ないのです。
コンディションが良くないようにも見受けられました。
特にパスが弱いカンジで、パスカットを良くされていました。

ただ、清水の攻撃が単調で失点の危機はすくない。
手詰まりのまま前半が終了。 監督も悩み深く・・・

後半もすぐには打開しませんでしたが、清水のの走りが落ちたように見えた後半10分、ゴール前の混戦を内山朋香が
押し込み先制。


さらに内山朋香が追加点を取り、2−0と勝利。南長野の最後を〆るにめでたい勝利です(^^
ただ、攻撃にもう少し気迫と工夫があればもう1点、あるいは、というところはありました。

しかしこれで5連勝。順位も7位となりました。

試合後は、選手とスタッフで記念撮影。


さあ、次のステージは佐久へ。
       
チームはこの後ノジマステラ、AS狭山と強豪が続きます。
ガンバレ、パルセイロレディスース。

スタジアム風景も含め多目の写真の写真があります。
こちらでご覧ください。


おまけ
思い出の多すぎる南長野
試合後、眺めたり友人と語り合ったりして最後まで、最後の観客となるまでスタジアムに
残ってしまいました(^^;
去りがたかった!! さらば!南長野〜。

7/21 順位中段は普通? 強さが身についてきた(^^
  対ジュブリーレ鹿児島 3−0
順位表をみると、いつのまにか18チーム中9位につけている。おおっ。
最近勝っているものなぁ。すごいなぁ。
レギュラーのメンバーはそれほど去年と代わっていないのにこれは。
本田サン、スゴイ。

今日は暑いー、でもなかなかの晴天でいい日和です。

それにしてもこのほのぼのとした南長野の雰囲気は好きだなぁ。

さて、試合です。
相手の鹿児島はまだ引き分けが1試合のみ、勝ち点1。

鹿児島はスピード、テクニック共に振るわないチームですが、但しフォーメーションが出来ていて選手の距離感はしっかり
取れています。

そのためパルセイロは中盤でうまくボールを繋ぐことができず、攻撃が散発になっています。
序盤のスローペースに心配の声か聞こえる。(スローな相手に合わせちゃうと)
私もそう思う(^^;
 気分はもう上位狙いのチームになってきたなぁ。いいことだ。

そろそろ30分、点が欲しいナ、とみんなが思い始めた27分、ゴール前のチャンスに内山朋香が押し込み先制。よしよし。

後半も簡単にはチャンスを作れないのですが、アタッキングソーンに入ったところで吉田葵がゴール前に放り込み
・・・に見えたボールは弧を描きゴールに吸い込まれました。
オッ、あれば狙い済ましたロングループシュートだったんだな。素晴らしい。

さらに80分過ぎには田中菜実が3点目。

十分に強さを見せ勝利。ああ、安心して見られるようになってきた。
選手たちも、プレーに自信が見えるようになってきたと思います。
イイデスネー(^^

お客さんも394人としっかり増えてきた。
長野の人は幸せですねー。男子、女子と毎週サッカーを応援し、見られるんですもの(^^

来週は南長野改装前の最後の試合。たくさんお客さん来て欲しいですねー。おいらも行きます。

スタジアム前景も含め、写真がいくつかありますのでこちらでどうぞ。



6/9 本田さんのサッカーが垣間見えた。すばらしい攻撃でした。
  対福岡Jアンクラス戦 4−3
前回の観戦で、攻撃のつながりがあと一つつながればイケると思いましたが、今日はまさにそれ!
得点シーンはワンタッチパスで、パッ、パッ、シュート!
と美しく決まりました。

得点シーンでは、左右の選手が連動して上がり、ボールは自由にフィールドを動きます。
これが本田さんのサッカーでしょうか。
今日はとても楽しませてもらいました。


地区の運動会(綱引き要員(笑)に出て、到着はキックオフ直後。
まだ一敗しかしていない福岡ですので、恐る恐るゲートを入る。まだ0−0だった。

試合は少し福岡が押し気味。パルセイロは受け気味。
しかしパルセイロは徐々に動きが良くなり、ボールもよく走るようになる。

さて福岡は、フィールドでの選手間の距離がきれいに整ったバランスの良いチーム。
ソシテ選手個々フィジカル、スキルが高くさすが去年まで1部にいたチームと思わせる。
(選手のそろい具合は昨日のカマタマを思い出す。)

しかしパルセイロのパスのスピードと狙いが福岡を上回ったときゴールが生まれました。
1点目、2点目とアタッキングゾーン入り口から前方30度の角度のパスが繋がり、あっというまにゴール前。
11番 橋浦さつき 14番 濱垣香菜 と連続してゴール。

でも福岡は下を向かない、徐々にペースを取り戻しボールを支配する。
そして前半終了少し前に、ゴール前に押し込まれてたまらず失点。精神的スタミナか(^^;

後半、少しポジションを入れ替えたパルセイロはボール支配を取り戻し、攻勢に出る。
コノ段階ですでに悪癖を直したといえますが、今日はその上をいきました。

攻撃スピードがあがったと思ったら、やはりゴール前斜めの動きで得点。
7番 高木奈央 24番 内山朋香 と連続。いいですねー。

だがしかし、それでもココロ折れない強敵福岡。
立て直してきます。そしてパルセイロの手中が切れてきたのこり10分から連続して失点。
押し込まれていました。

しかし、最後に入った25番篠原が効いたのか、これを乗り切りついにタイムアップ。

なんともエキサイトする試合でした。 この勝利は大きいですね。
今日のような攻撃が出来れば、されに勝てると思います。

あとはスタミナですね。


 試合後ゴール裏に挨拶にいく選手たち。
 
この調子で頑張って欲しいですね。
 
他にも少し写真があります。こちらでドウゾ。


5/12 少しの差、だとは思う。 対バニーズ京都 0−2
 
昨日の男子の試合とは打って変わって実によい天気でした。
2連勝して波に乗れるかと思いましたが、なかなかそうもいきませんでした。

悪くない展開でした。去年とは違う、流れるようなパス回し。
スムーズにボールが前に行く戦術も浸透してきたかな、と思えました。

ですがセンターサークルを過ぎたあたりからボディチェックが厳しくなりボールを失うことが多いのです。
京都はバイタルエリアでスペースを埋める作戦だったのかもしれません。
十分なスペースがないとテクニックを発揮しにくいパルセイロの弱点が出たような気がします。
逆に京都は玉際に強い印象でした。

しかし京都は攻撃に工夫が無く怖さは無かったのですが、運よく長野側に飛び出したボールにFWが上手くつめて
ゴールを奪われてしまいました。

チーム力はそんなに差は無かったと思います。
もう少しなんだと思います。練習時間を伸ばしてあげたいな、と思う試合でありました。

今日もお客さんが入りました。580人ほどだったと思います。
目指せ! 男子超え! (友人談)


4/28 本田レディース ついに1勝目 行って良かった。 対セレッソ大阪堺レディース 1−5

おお、前節とスコアが逆だ(^^ それはさておき
良かった、早めに勝利がついて。というのが素直な感想です。
比較的恵まれた1部なでしこリーグと違い、チーム環境、レベルに差が大きいチャレンジリーグ。
ハパルセイロは残念ながらまだ良い方とは言えません。
そんな中、強豪3試合連続であたり敗戦して自信を無くしていなければいいな、と思っていました。

試合はやはり自信無さ気に選手たちは元気がいまひとつ。
対するセレッソはとても若い。高校生と中学生だけのチームで平均年齢14歳とか。
若いので、ガンガン来ます。
前半はしかも風上に立っているのでドンドン長野ゴールに迫ります。
しかも脚が速く足元がうまい!!

それでもなんとか踏ん張る長野。波多野のスーパークリア(ジェシカが抜かれた後方でボールを掻き出す)もあり前半終了。

後半、風上に立ち攻めに転じる長野。
余裕のお陰か冷静にボールを繋ぎセレッソゴールに迫ると、内山朋香が2得点。
失点したものの、さらに3得点して試合終了。
恥ずかしながら選手を覚えきっておらず詳しく書けないのですが、得点パターンは中盤で奪ってサイドへスルーパス。
さこにさつき選手やFWが反応してゴールに折り返してフィニッシュ。

前節、そして前半に比べると反応速度が速くなり、とても良い繋がりでした。
今日の結果を自信にしてこれから戦って欲しいですね。

ところで、今日は本田監督のいいお顔が撮れました(^^

惚れちゃいますね。

ちなみに今日のお客さんは480人。さらに増えて欲しいですね。



 
4/14 本田パルセイロ、ホームに登場。 対世田谷スフィーダ戦 1−5 
 緒戦は苦い試合 しかし可能性を感じるチームです。
 

本田美登利さん率いるレディースが、開幕戦を強豪常盤木学園に0-2から2-2に追いつく好ゲームを見せ(最終的には2-3となりましたが)
期待の中、ホーム南長野に戻ってきました。
私は、レディースはなかなか行くことが出来なかったのですが、久しぶりにレディースの試合を観戦に出かけました。
 
 お客さんは増加。去年は300人ほどと聞きましたが、今日はチーム発表で580人程だったと思います。

さて、結論からなりますが、チームはまだ出来上がっていない模様でした。
正GK松本あずみを欠き守備の統率が取れておらず、新規加入選手とのすり合わせも完了していない感じが見て取れました。
これからの仕上がりに期待したい。というところです。

対する世田谷は、基本技術(特にパスの精度が良い)や連携が素晴らしく、そして攻撃の約束事が出来ているようで、
さすが去年3位と納得させられました。

試合は前半、守備の隙間を衝かれ3失点、後半高木のロングシュートが決まり1点返すも追加され1−5と大敗となってしまいました。
世田谷は攻撃に移ってからのリズムが良く、あっという間に長野ゴールに迫られ得点していきました。

長野はアタッキングゾーンまでは行くのですが、攻め手に欠けそこでスピードダウンしていました。

ですが、可能性を感じます。
 
まずは選手個々のレベルが上がっている。新規加入の選手はもちろん元々の選手もプレイスピードや精度は良くなってきています。
個々レベルは去年までの強豪チームとの差はなくなっていると感じます。
次に戦術の基礎となる、フォーメーションが取れていました。去年までは・・・無かったようなもので・・・・
この短期間に仕上げてきたと思います。

今後、いろいろな約束事がしっかりしてくれば期待できると思います。

さて、本当はもう少し分析出来れば良いのですが、まだレディースは勉強が足りていないのでここら辺で。
それでも言えることがあります。
今日の試合、去年のチームだったら、失点は倍か、あるいは・・・と想像出来ます(^^;

次は28日のセレッソ大阪の試合@南長野に行きたいと思っています。

おまけ
今日は敗戦となり、試合後に本田監督の笑顔の写真を撮れなくてトップにもって来ませんでしたが
 
 監督は入場から迫力がありました。さすが1部リーグの強豪を率いていたお方と思いました。
 

戻る


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

カネステンクリームCanesten Cream1%