まるいたろうが見たAC長野パルセイロ 2014 J3編

7/13 天皇杯2回戦 J2の強豪に真っ向勝負で勝負!で散るも悔いなし。
 長野パルセイロ 2−3 ジェフ市原千葉

悔いはないけど、とは言え残念( ´・ω・)oさはある。 それが次の試合の糧となる。

     この悔しさを力に換えてほしい!! (試合後の挨拶です

初めて行くフクアリでした。
喜作さんでソーセージが買えなかったのは残念だったけど、初めてあたるチームとの試合が楽しみです。

サポーターも沢山駆けつけました。
バスツアーも5台出ました。


ジェフは伝統的にスピードが良いチーム。
そのチームに当たるについて、美濃部監督は「いつものサッカーで行く。」と。
試合後のコメントを見てもパルセイロの攻撃サッカーでどこまで立ち向かえるか勝負したようです。

私はそれで良かったと思っています。
J2の実力のあるチームと正面から立ち向かって、いいところまで行けたのですから。
あとは少しチーム力をあげるだけと思います。

試合開始。
選手は動き固いなあ。
と思っていたら、失点。
しかしこれで目が覚めたように動き出すパルセイロの選手たち。
むむ〜。昔からスピードで勝負するジェフらしい、一瞬の速さで守備の前に出られてしまった。

しかし、これで目が覚めたパルセイロ。
動きが良くなったと思ったら勝又がジェフDFの不十分なクリアボールを奪うとゴールに突進。DFに囲まれるも、最後は佐藤ユーキが
押し込みすぐさま同点!

生きかえるチームとサポーター。
そのまま攻め続けるパルセイロ。
見れば前線では、久しく影を潜めていたプレスをしています。
いいね。

プレスの復活と共に、自陣ゴール近くから相手を押し出す守備も復活して試合の主導権はパルセイロのもの。
そして遠目のFK。
向のキックはGKの足元を狙った弾道。
こぼれたところをウノがターンして自分のスペースを作りつつヒールで決めるヒーローぶり。
さすが、役者です。素晴らしい。

しかし。
後半の立ち上がりにCKからケンペスに決められると試合はジェフに握られてしまいました。
勝負のポイントはプレイスピードと精度でした。
試合やボールの動きの予測、どこにパスを出すかという準備とフィジカルスピードとパワー、
相手選手より前に出るスピードとパワーとテクニック。
有り体に言えば、つまりは一対一の勝負に持ち込まれ、その勝負に負けていました。
前半と変わって、強いサッカーに切り替えてきたジェフでした。

それが如実に出たのがジェフの3点目。
中盤で奪われたボールは素早く森本へ。
森本これをJFLやJ3では見たことの無いフルスピードのドリブルでゴールに迫り、
カーブの掛かった豪快なミドルシュートを決めました。
(こういうのを横文字で、ゴラッソ と言うそうです)

凄いゴールシーンでした。

そのドリブルには誰も追いつけず止められず、シュートを有効にブロック出来た者もいなかった…

そのスピードの差は競り合いにも現れて、ボールキープの割合が下がっていきました。

また逆の例は同点とされた後のウノがフリーとなって打ったシュート。
ウノの判断が速ければ、あるいはキーパーをかわすシュートにしておけば良かったんだけど…、
さらに言えばウノに入れたバスが一息速ければウノも余裕を持って判断出来たはず。

とは言え、力は及ばなくても果敢にジェフにくらいつくパルセイロです。
いつものサッカーで、サイド攻撃も突破も試しました。守備もあきらめず粘りました。
これば本当に良かった。
後半の立ち上がり、あるいは同点とされた時点で守りに入ってもおかしくなかったのですが、
あえてそれをせず、得点するサッカーをしていたと思います。

しかし試合は無情にもタイムアップ。

後半は力で捩じ伏せられた感じでした。
切ない(>_<。)
後半から一対一の勝負を多用してきたのはジェフ関塚新監督の指示でしょう。
やはりプロは弱点を見逃さないもの。

やはりパルセイロは今後プレイスピードを上げなくてはなりませんね。
そこを強化して技も磨いて、来年J2で暴れたいな。

おまけ
天皇杯はJ3勢が全滅かあ。うーん。去年までのJFLより、確実にリーグのレベルは上がっているとかんじるが… いま言えることは二つ。
パルセイロ含め近年の結果から上位チームが油断しなくなった。またJ3がJリーグ的サッカーになった分上位チームに力負けするのか…


WEBアルバムPicasaに他の写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。

7/6 天皇杯1回戦 最後の北信越!?
  長野パルセイロ 2−0 ジャパンサッカーカレッジ

天皇杯です。
今年は早めの天皇杯ですね。
さて
「来年はJ2だから、一回戦は今年で最後になるかな?」
なんて勝手な想定で最後のジャパン戦です(^▽^)
(同じ想定で先週、最後 の天皇杯長野県決勝を見に来てましたよ)

相手は北信越時代に苦手としていたジャパンサッカーカレッジ。

試合を見て思ったのは、変わってないな、ジャパン。
いいところが全然かわっていなかったです。

ジャパンのサッカーは、センターラインの少し後ろ側あたりのラインで、強力な寄せと突進で相手のボールを奪うことを
第一にしているように見ていましたが、まったく昔とまったく変わらないのでした。
パルセイロがボールを待って、あるいはパスをもらって一息置くと、すかさず詰め寄ってきます。
ダッシュが速い、足を出してボールに触るのが早い。

そしてそれを嫌って戦略のない横パスを出せばそれに喰らいついてパスカットをする。
ボールを奪えば、得意の速攻で、サイドにセンターにと素早く展開。
んんんんー。

上位カテのチームが試合開始にする様子見のペースをゆるさず、ドンドンパルセイロに迫るジャパン選手にペースが掴めない
パルセイロでした。

んんんー。なんだ4〜5年前の試合をそのまま見ているようだ(^^;
しかし今のパルセイロは試合中に変化を付けられるように進化していました。

「ジャパンの弱点は縦パスなんだよなぁ。縦に早く出さないかなぁ。」
と思っていたら、徐々に縦へのチャレンジが始まりました。

そしてジャパン側に押し込んだところでコーナーキックから西口がキレイに頭で合わせて先制。
しやー、とてもキレイなCKの弾道と、西口の美しいヘディングでした。


縦への動きが有効とわかったのか、縦へのパスや動きが増えるパルセイロでした。いいねー。
しかし試合は、ラストへの精度が良くなくなかなかシュートにいけません。
ここはとても課題ですね。

後半が始まり、全体的に試合はパルセイロが持っているものの、有効なシュートがなかなか出ず追加点がはいりません。
しかしゴール前に入ったボールがゴチャゴチャしたPA内に。
ちょうどGK前で待ち構えていた宇野澤が押し込んで2点目。
つま先あたりで軽く触れて押し込む、いいシュートでした(^^

そのまま試合を終了。


やはり、JFL、J3と進化を続けるパルセイロは底堅い力があるな、と思う試合でした。
でもまだまだ。進化のお楽しみはこれからだなぁ。

次は来週ジェフ千葉と対戦です。

今年も上位に勝ちたいですね。行ってきます。

WEBアルバムPicasaに他の写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。


  
6/15 地力
「一瞬のきらめき」×3回と持病(ちょっと大げさ)(^^;
  長野パルセイロ 3−2 グルージャ盛岡

いよいよ調子が出てきたパルセイロ。
しかしそろそろ・・・と不安な気持ちもある今日の試合。
イヤな予感はあたるもの。

試合が開始される。メンバーはここ数試合と同じ。

しかし何故か5バックの守備陣なのです。川鍋、大島、松原の3バックに高野と西口が合体しています。
何故に??

中盤両サイドから駆け上がってくると予想される盛岡にはむしろ中盤、しかもセンターライン付近の高さに選手を配置すべきでわ??

とは思いましたが試合は進む。
しかし、盛岡のお株を奪うようなセイン際のボール移動から前線の勝又にボールが渡ると、ラインギリギリまで攻め込んで、
すばやく切り替えしてシュート。
これが角度もないのに見事にゴールイン!

いや、素晴らしい。これぞ待ち望まれていた勝又の動き(^^
祝福される勝又
もう一点、と思いましたが今度はなかなかボールが前に出てきません。
ん? 中盤に人が居ない。
そうなんで巣。センターライン前後の高さが人手不足で攻撃が繋がりません。
5バックに高野と西口が固定されたままで攻めに出てこない。しかし松原も上がってこない〜。

どうしちゃったのか??

そうこうしているうちに時間が過ぎ、そろそろ前半終了、と思ったら
盛岡のロングボールがするりスポンとゴールイン。
あら、まあ(^^; 俗に言うポールウオッチャーになっていました。

前半終了間際の失点に、思わず先日のワールドカッブ スペイン−オランダの試合を思い出し不安になったりしました。

後半の選手入場
後半になっても5バックに変化なし。中盤の人手不足も変化なく進みます。
時間が経つにつれ、盛岡が攻勢を強めます。
前線の選手にボールを預けてそのあとほかの選手がなだれてくる攻撃が繰り返されます。
これを何度も繰り返す盛岡。
試合を受けに回ってしまい、どうにも試合運びが後手後手になってしまいます。
なんとか最終ラインで攻撃を跳ね返す展開です。
また攻撃は中盤でのボール運びが遅く、前線へなかなか上がらない状態が続きます。

しかし、中央を上がったボールが宇野澤に収まると一気にPAに突進。
慌てた盛岡DFがウノの足を払うようにボールクリアしてしまいPKを得ます。
うーん、さすがウノ。あの一瞬の速さが生み出したPKですね。さすがです。転び方も素晴らしかった。
このPK、しっかり沈めて2−1。
その瞬間。白い点はPKポイント。

しかしまた盛岡に攻められる番となります。
ううーん、何が悪いんでしょう??

中盤においては、長野のお得意のプレスを逆に盛岡に掛けられています。
ハードワークが得意の盛岡が、素早くボールを持つ長野選手に詰め寄ります。



そしてロスタイムに入って、今日珍しくシンプルに盛岡ゴール前に迫ると、右からの折り返しを待ち構えていた向が冷静にヘッドで
盛岡ゴールに沈めます。
これは美しかった。

喜んだのもつかの間、CKから盛岡に得点され3−2 油断したかな??
いやー、さっきの(向の3点目)が入ってて良かった〜(^^;

タイムアップして試合終了。
勝てて良かったー。
得点シーンのみが輝いた試合となりました。コレぞ地力の差、というところでしょうか。

町田も勝ち、シーズンのレースは長野と町田の一騎打ちの様相へ。

それにしても
今日の試合 消化不良といえる内容で不満も多い試合でした。 でも 終了直後の写真をみたら、選手みんな満足していないようです。


 みんないろいろ考えているな、と感じられます。

この選手たちなら次はもっとやってくれると信じられます。 がんばれ、AC長野パルセイロ!!

WEBアルバムPicasaに他の写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。


6/1 快勝 4−0 そして明確な回答がパルセイロに出た試合となる。
  長野パルセイロ 4−0 JリーグU22選抜
ついこの間東和田で遭遇したような気もしますが、再びのJU22選抜との試合です。
それにしてもあちかったですね(^^;

それはさて置き。
JU22さん、今回は22どころか、U19だといいます。つまり、去年の日本代表U18の常連さんなのでしょう。

練習を見ていたら、背も大きくないしプレイもそれほど・・・
とタカを括っていたのですが、それが大間違いでした。

試合開始。
出だしをガツンと行って欲しい、と思っていたら向がまさにそれを実行する正確なロングフィードを左前方に。
そこからシュートまでがなかなか速くてよかった。
さらに攻め込みウノの惜しいスライディングシュートがゴールポストを叩く。
ンー惜しい。
しかし、こういうのを逃すとピンチになるのがサッカーというもの。

時間的にもパルセイロの動き、戦術にU22が慣れてきた15分頃から反撃されます。
この選手たち、プレイスピードが速い。とても速い。
特に中盤において、J2上位もかくや、と思わせるスピードでプレイをしています。

DFラインはボールを奪うと2拍目にはもうボールを前方にフィード。
中盤はボールを受ける前からドリブルかパスが決まっているような判断の早さから、ほぼ2タッチ以内でのパス出しそして
走り(ドリブル)出し。
アタッキングエリアでは、ワンツーパスもフェイントも、正確で素早い。
中盤でアウトサイドにあったボールをGKに向かって絞りこんでいく戦術もよくこなしていました。

守備に回れば切り替えが速く、瞬時に標的を定めて素早く襲い掛かる。高い確率でボールを奪うU22選手たちでした。

反してパルセイロ選手がボールを失うのは、3タッチ4タッチとしているとき。
パルセイロに足りないのはスピードです、と明快な回答が出ました、そういう感じですね。


しかし、それでも点は長野に。
左サイドからのスローイン。
松原が得意のロングスローに助走をつけるマキシマムロングを放ると、その軌道はPA(ペナルティエリア)を横断。
その落下点に突進したのは勝又!!
ダッシュからスライディングでボールをゴールに突き刺してゲット!!
やった!
ゴール直後の様子です。
監督と喜びのハイタッチ

失点し、少し元気のなくなったU22でしたが、時に取り戻して長野に迫り、一進一退で前半を終了。

後半、ハーフタイムに疲れが取れたか再び襲い掛かるU22。
パルセイロはセンターライン前後でボールを奪われ、一気にPA手前まで迫られ、それを跳ね返す。
の繰り返し。

はやりプレイスピードが足りないんです。
速く判断し、パスを出す、あるいは戦略的なヒラメキができなかったら、少なくとも相手選手が来る前にボールを手放す、
あるいはクリアをしてしまうという判断がほしい。

繰り返しになりますが、相手の18歳19歳の選手たちはその素早い判断と体の動きを上手く出来ていました。
しかし〜。
得点を取ったのはパルセイロでした。
向のCK。ボールがゴール前から弾きだされた。その先にいた有永、リキまずにグラウンダーのシュートを打つと、
地を這うようなボールがするするする〜、と伸びていってゴールにイン!
おおー!!
沸くスタンド。思い切りのよいシュートでした。これはいい!

GK前で、下手に触らないようにとピョントと飛んだパルセイロ選手が面白かった。
あれば誰だったかな??

これでU22さんも緩んできたのか、ゴール前の守備の手数が減り混戦から外へこぼれたボールをウノがゴールに沈め3点目。
さらに、野澤の思い切りのよいセンタリングがそのままゴールに吸い込まれで4点目をゲット。

最後はゴールラッシュとなり、パルセイロが貫禄を見せる形となりました。
試合終了後のお客さんの足取りも軽くなります。


とはいえ、どちらに転ぶか判らない試合でした。
U22のあのスピード、長野パルセイロにあのスピードが欲しい、思う試合となりました。
良いお手本が途中から入ったノザでした。
プレイは概ね、1、2、3のタイミングで素早くこなす。もちろん3のタイミングでパスを出す。
これが大事だと思うのです。

がんばれ、AC長野パルセイロ!! であります(^^

おまけ
メインスタンドから、南を望む景色です。

いい所です。

WEBアルバムPicasaに他の写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。




5/18 眠れる獅子がついに目を覚ましたか。楽しい試合でした。
  長野パルセイロ 3−0 福島ユナイテッド  佐久陸上競技場

試合前のピッチ整備。
水撒きのスプリンクラーが虹を作ります。

いいことありそう(^^
さあ試合開始

試合開始の出足こそ低調な試合でしたが、次第にスピード上がってきた。
15分あたりから、前線でのボールの繋がりが良くなってきた。
前線でワンタッチのでのパス交換が続くようになってきた。ボールが右に左によく動く。
 これは調子が上向いてきたなあ。
そして19分。前線に入ったボールがやはり右に左に前に後ろに何度もワンタッチパスで動き、ついに有永がゴールに沈めました。

これは楽しい。
特にGK前でどの選手も前を向いて、前をよく見てゲームをしていて良かった。

その後もボールのまわりが良いまま試合が展開。
26分。
後方の西口がループでパスを出すとこれがPA外にいたウノに収まる。
そしてPA内に侵入してDF3人を相手にしながらスキを見てシュート。GKが触ったかに見えましたがゴールにイン!
貫禄ですなぁ。

さらに攻め立てますが、2度いいチャンスがありましたがシュートが枠に行かず。ここはさらに練度を上げてほしい。

後半、風下になり早いパスで攻めますが、福島もなかなか粘り、パルセイロはシュートにいけません。
福島は次々と選手投入。ガタイのいい選手が多いですね。

しかし後半29分。向のCKは触って上に。それを福島DFがクリアミス。また上に上がって落ちてきたところ。
福島DF陣が硬直しているなか、佐藤ユーキが足を振りぬきゴールへ。

素敵です。今期初めての3点目。
そして試合終了。いいですねー。


今日の試合、前線でのボールの繋がりが良かったですね。こういうサッカーが見たいんですよ。とても楽しかった。
そう、今日は各選手が常に可能な限りボールを、パスを前に出しています。
これが良かったです。とても。

他の試合で、上位が引き分けや負けとなり、いよいよ勝ち点差が縮まってきました。
これからが楽しみです。

今日の試合。DF大島がイエローカードの累積で出場停止でした。
代わりに川鍋が出場。

これが良い(^^

守備の統率をとることが出来、カバーも得意。高さもある。強さもある。
心強い選手ですね。

WEBアルバムPicasaに他の写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。





5/4 今年初の長野市開催 8000人!! テレビ放送!! 相手はJ1とJ2リーガー!! でも勝ったどー(^^
  長野パルセイロ 1−0 JリーグU22選抜 東和田陸上競技場

久しぶりになる長野市での試合。
今日のポイントは
・なんと8000人を超えるお客さんが襲来。 びっくりした。
・向さまさまですわ。 ありがとう。
・GKケンゴが2度のビッグセーブ!!
そして冒頭になるように、苦手のフラグを打ち破って試合に勝利。こればとてもすばらしい。

11時30分ごろ東和田に到着。
まだ入場待機列はそれほどの長さではない。それでも12時30分の開場にはいつも試合の3倍くらいのお客さんの列がありました。
入場。
んー、思ったほど出足が良くないな、と思いながら過ごす。
しかし開始1時間前、ふと外を見ると

居た!!
なんとチケット購入に長蛇の列が出来ていました!!
初のサッカー観戦となる人も多いのか、1時間前が来たい時間なんですなぁ。
試合開始には、スタジアムの観客席が埋まり8011人の入場者となりました。 めでたや!!


そして今日はTSBさんで地上波生放送。
でも勝ちました。 テレビはもう味方だと思えますね(^^
試合開始

しかし試合は苦しみました。
相手は控えとはいえJ1J2の選手たち。
ガタイ(フィジカル)がいい。テクニックがいい。スピードがある。玉際が強い。
流石です。
パルセイロの選手は「想定外」のスピードと強さでいつものプレイが「一歩遅いプレイ」になっていました。
だから、
惜しくもパスが通らない、惜しくもパスをトラップ出来ない、惜しくもシュートにもって行けない。
の連続でした。
立ち上がりの10分を過ぎたあたりから、長野の時間帯が度々ありましたが、1対1の守備も上手くボールを自由に持たせてもら
えませんでしたね。
本来、今日のデキなら、それなりのチームなら点が取れていたでしょうし、JFLなら大勝していたかもしれません。

しかし、惜しいプレイでも続けていけばチャンスは生まれるもの。
39分。
PA左前方 向の好きな位置でFKを得ると向の右足が振り抜かれる。
(画像はイメージです。たぶん違うタイミングのもの。)
ボールは頂点から左下への美しい弧を描いてゴールに襲い掛かる。
誰か触ればゴール、という絶妙なボールは飛び込む大島、松原をもすり抜けてゴールに吸い込まれました。
ゴーーール。
「ぅ、おおおおおーーーーー。」
轟くスタジアム、そして8000人。
やってくれました。向さまさまですよ(^^ 相手GKも動くことが出来ない絶妙な位置と曲がり具合のボールでした。

その後もチャンスに成りかかるものの、どうしてもシュートにならず前半が終了。
後半、ほぼ同じ展開が続きます。
パルセイロがポゼッションから崩しにかかるが、どこかで触られてボールを失う。
J22が時たまパルセイロゴールに迫るが、なんとかシュート、および崩しを防ぎます。

しかし、こちらに得点が入ったのと同様に、J22にもチャンスがありました。

そこに立ちはだかるGKケンゴ。
後半75分過ぎか、思い切った20メートル超えのミドルシュートがゴール枠 上ギリギリを襲うが危機一髪パンチングでは弾き出す。
後半あと5分くらい、広報からのループの縦パスにJ22選手が飛び出す。
しかしPAわず内側のシュートポイントにケンゴが飛び込みボールをガッチリキャッチ!
痛みながらもゴールを死守。
がんばった。偉い!!

そしてタイムアップ。
長野市にとって、パルセイロにとって大きな大きな一勝となりました。良かった(^^


勝又が良かったのを書き忘れるところでした。
交代まで、飛び出しのスピードでJ22陣内で良いプレイがありました。もう少し見たかったなぁ。

J22について、選手はどの選手もフィジカルが良くてテクニックがある。
欠点は選手間で戦術的な連携が無いことだけ。
次回の対戦では、1対1で守備、となる場面を極力作らないようにして欲しいなと思いました。

さて、今日のパルセイロの試合厳しいことも指摘せねばなりません。
試合開始1時間前、ちょっとスタジアムの外をのぞけばチケット販売に長蛇の列が出来ていました。
その後さらに伸び1.5倍に延伸。
これはいけません、あんまれ待たせると初参戦のお客さんは帰ってしまいますよ。
様子を見れば、チケット販売の人数不足でした。
本日の3倍4倍の人員が必要と思います。お願いします。

おまけ
長野パルセイロにもJリーグ選抜がいるゾ(^^
#30 伊東テル!


その2
ビッグゲームを征し、お客さんも楽しく帰宅できますね(^^


その3
問題その2.やはりクルマのアクセスには悩みます。南長野でも試合後は車が渋滞しそうですね。


WEBアルバムPicasaに他の写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。












戻る


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

ガウクルア赤