長野市のサッカーチーム「AC長野パルセイロ」を応援します! Since20060514  

2014/12/7 J2J3入れ替え戦 第二戦 パルセイロ 0−1 カマタマーレ
そこに壁があった、それを乗り越えることが出来なかった。

・J2のスピードとパワーという壁。それに跳ね返されたように思います。
・それは今年、自ら突破しなくてはいけない壁でした。
スピード、パワー、正確性。あるいは突破するアイディア。どれも相手を超えるものが無かった。
結果的として得点出来なかった。有効なシュートは何本あったか? ほぼ無かった。
それが全てでした。

入れ替え戦で勝つにはチカラが足りなかった、たぶん5割増しくらいの力が必要だったとおもう。
それが入れ替え戦の回答だった。

先週の第一戦後半のデキからして、パルセイロの選手はもうJ2のプレイに適応した、

そう思っていたのです。
今週はいかに相手ゴールをこじ開けるか、それだけと思っていた。

でも間違っていました。
ゲームが始まってみればパルセイロはなかなかにボールを持つことが出来ない、ゲームを組み立てることが出来なかった。
たぶん当たりの強さが変ったのだと思う。
これぞホームの力か、J2の意地か、はたまた追い詰められた者の底力か、ボールを持つパルセイロ選手に体を寄せてくるのが速い。
ボールを持つとすぐに寄ってきてプレッシャーをかける。
 →むしろ慣れた、知られて不利だったのはパルセイロの方だったようです。

どのプレイも必ずパルセイロの選手の前に出ようとする強い意思が感じられ、
また出るタイミングと強さが勝っていたように思われました。

別の観点からからすると、カマタマーレが今年の後半に蓄えてきたものがこの守備の能力なのだと思います。
この守備の仕方と、ロングボールからの攻撃。それだけに賭けたのだな、と。

パルセイロは中盤から前線にかけてパスが不正確で有効な攻撃が出来なかった。
ですがパルセイロのデキが悪かったのはではなかったとおもう、カマタマーレの動きがこちらを凌駕した、
そう言うしかない内容でした。

入れ替え戦の前、スカパーの解説陣の予想に
「讃岐はJ2でやってきた一年間の積み重ねが・・・」
というものが見られましたが、これがその経験値の差なのだなと試合後に思いました。

強い当たりからの守備は前線でも発揮され、パルセイロは攻め込まれるとセカンドボールを拾えず、なかなかカマタマーレの攻撃をクリア
することが出来なかった。

また、時折反撃し相手ゴールに迫りますが、パスが不正確で有効な崩しができなかった。
あるいはラストパスが出来ない、または不正確でフィニッシュの選手へボールが渡らなかった。

前半4−4−2のシステムで凌いだパルセイロは後半になり、3−5−2のチェンジ。
ボールを動かすスピードが上がり、攻め込める様になった、かに思えた。

しかし最後のところで突破できず、次第に讃岐ペースになる。
そして一瞬の隙をつかれ、讃岐前線にボールが入ると、守備を抜かれて失点。
(ちなみに私はあの失点を責める気はありません。監督のフォーメーション変更が、リスクを負って得点するつもりなのは判っていました)

その後も讃岐を攻めるパルセイロでしたが得点には至らず。
むしろ讃岐伝統の固めた守備を見せられ試合終了。  つらい写真ですが。

経験の差がここまでとは思っていませんでした。J3よりもハードなJ2での経験が讃岐選手を強くしていたようです。
実際、ベンチ入りも含めた選手の中にJFL時代から在籍している選手が少なくないんです。

しかし散った夢は切ないもの。打ち砕かれたココロは辛いもの。選手もサポーターもみんな泣いていました。

それでもここまで来たんです。また歩まなくてはならんのです。
なぜなら、私たちは引き返す事が出来ない場所にまで来てしまったからです。
あのスタジアムを作った責任を
、ここまでチームを大きくした私たちの希望を
捨てるわけにはいきせん。
来年またやろう。


こんなにいいヤツばかり、そして温かみのあるのチームはそうそうあるものじゃありません。
ちょっと回り道ですが、もっと強い土台を作ってJ2に上がりましょう。JFLに上がるときもそうしたんです。
Forza!! AC長野パルセイロ!!

今回の試合、たぶんプロの方がさらに詳しい記事を書かれています。テクニカルな事にも触れられていますので、ご一読ください。
以下のURLへどうぞ。クリックしてください。
 ブログ サッカーのある暮らし 讃岐が再び教えてくれた大事なこと
 http://rapaic.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-2c88.html

今日は本当に別の写真がたくさんあるのでwebアルバムPicasaでご覧ください。


2014/12/10
 いつまで、
この光景を絶対に忘れない。

1点が取れなかった。その攻撃力が足りなかった。それがすべて。
それを来年は強化してほしい。来年は優勝して昇格しましょう!!

  

     写真は2006年の夏、長野に来たばかりのバドゥが私の写真撮影に応じてくれたもの。



累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
   

フラジール