まるいたろうが見たAC長野パルセイロ 2014 J3編

4/26
長野パルセイロ 1−0 FC琉球
ここから。そして行けそう。 

今日驚くことが起こった。開始早々、GKケンゴからのボールが向、シュンタ、向と前後する
画像はイメージですw
そのとき、フィールドのセンターにいた向が再びボールにタッチすると迷わず前方にスルーパス。
同時にシュンタがダッシュ!
まるで開幕戦のようにGKをかわしてシュートしてゴールをゲット!!

やった!


そして、その後もまるでチームが生まれ変わったように前線が活発となったのです。

そう、今日は向がボランチに入ったのです。

これが大当たりでした。

向にボールが入るとワンタッチかツータッチのみで前方にスルーパスを出します。
これです。このプレイがチームに欲しかった。
前線にボールが出ることで、必然的にサイドの選手が上がり攻撃に厚みが出ます。

また向がボランチということで、センターでプレイするとチームが自動的に前目に陣取り、これまた前線に厚みがでます。
向自身も、今年の最初前線に入ったときはキレ味の良いプレイが少なかったのですが、ここにきてキレ味鋭いプレイを続出。
幾度も素早いパス出しをします。それに答えるように前線でもシュートが多く、もう少しでゴールというプレイが見られました。
いいですねー。

さらに、パルセイロ守備ラインからのボールだけでなく琉球のこぼれ球や中盤のルーズボールが不思議と向に集まるのです。
面白い。

ただ残念なことに前線は活発になったし、ガンバリも目に見えて良くなってきたのですが精度不足、決定力不足は
まだ治らずでした。
迷わずシュートへ行く、ゴールに叩き込む、という雰囲気が欲しいところでした。

後半はだんだんと向にボールが回らなくなり停滞気味に。
それでも向に渡れば素早い前線へのフィードでチャンスができます。

さらに、ケータそして松尾を投入。さらに勝又も。

そして1−0でタイムアップ。久しぶりに勝利。勝ち試合っていいもんですねー(^^
まだまだ課題は多いですが、これを気にチームはアップしていきそうな気がします。

今日思ったのは、前回佐久で見たチームに比べて、選手のフィジカルコンディションが格段に良くなっている事です。

実は試合前の選手のスタジアム入りを見たのですが、これが表情が硬くて暗い。
友人曰く「葬式みたいだ」 まさにそんな感じで、大丈夫かな?と思っていました。

でもピッチ練習が始まると表情も明るく、体も軽そうでした。
さらにシュート練習も、以前の藤枝戦とは段違いにガンガンゴールに入ります。
これはいいな、と思ったらこの試合内容でした。

美濃部監督がなにか魔法を使ったのかな? 向も変身したように見えますし。
うん。ここから行けそうな気がします。
がんばりましょう。

気分の良い試合は帰りの足取りも軽いですね。

いつもこうありたい。

おまけ 1
スタジアムで安養寺ラーメンを食べました。
濃厚でおいしいです(^^ 七味唐辛子があれば最高だなぁ。

おまけ 2
J3ともなると取材が多くなりましたね。


WEBアルバムPicasaに他の写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。


4/13 
長野パルセイロ 0−0 YSCC横浜
ピンチ、ですね。


藤枝に惨敗し、アウェイで辛くも引き分けたパルセイロ。
ホームに戻っての仕切り直し、といきたかったですが今回は不発でした。

以前の「行け行け、ドンドン!」という攻撃スタイルのサッカーが一変したYSCC。
守備的になった、とは聞いていましたが試合が始まると、YSさんのフォーメーションはフラットな4人×2列の完全プロック体形。
これは不振の長野には厳しかったですね。

まるで佐川印刷さんか、UVA栃木さんを思わせる硬い守備ラインに突入、突破の糸口が見出せないまま試合が進み、時間が進む。
美濃部さんが駒を切る(選手交代する)も、前線でのアクティビティが上がらずタイムアップ。

残念ながら、試合内容はこれだけでした。

チームがコンディションが良くない時期ではあるなと見えますが、それを考えても手詰まりを感じます。
引いて守る相手をどう崩していくか、という以前からの課題ですが去年の絶好調時にはなんとかできていたことが、
今年は出来なくなっています。

これは私見ですが、J3となり各チームレベルアップした中で長野だけが伸びが足りてないのかな、と思います。
(この先の伸び代のための雄伏の時とは思いたいのですが。)

今のチームで気になるのは中盤、センターラインを過ぎて相手ゴールに向かうときにスピードダウンする、
あるいはパスカットされる、パスを失敗して相手選手にボールが行ってしまうことがよく見られることです。
ゴールエリアにあってもミスが目に付くようです。

思い切りが悪い、勢いがないと書くのは簡単ですが、正確さを求めるあまりプレイに迷いや遅延があるように思えます。
とくにセンターライン付近は一気に抜けていくスピードが求められると思うのですが、それがないように見えます。
すばやく前線にボールを送ることで、そしてその前線に人数があがっていくことで前線でのポゼッションも有利になるように
去年は見ていたのですが、それが今年はまだできていないと思います。

相手チームがうまくなり中盤での寄せが速くなったから、とも見えます。
あるいは、パルセイロの選手のプレイに理想の形でないときには予定のリアクションが出来ていないように思えます。
 →トラップがうまく出来なかったら、ボールが思った位置に転がらなかったらパスを出さない、シュートを打たない、など。
   →自然とバックパス(やり直しのため)、という選択肢になっていると思います。

予定と違っても、パスやシュートなどのその時の役目を果たし、出し切る姿勢がほしいなと思うのです。
その点、ノザはとにかくヤル! というのが気持ちいいですね

トラップに失敗しても自分の体勢を変えてパスを出す。
自分の予想と違うところにボールが来ても、それに喰らいついてボールにタッチする。
 好きです。
そしてノザのプレイの後はパスにリズムが出ていましたね。

そんな風にスピィーディなゲームが見たいです。

さて、試合が終了して気になったことがありました。
今年から、試合終了直後にPA(施設スピーカー)から音楽が流れるのですが、これが早過ぎるのではないか。
と思うのです。
その音楽に消されて会場の音が判らなくなっています。
有り体に書くと、お客さんのがっかり、落胆、残念、怒りというような声、息遣いが音楽にかき消されてしまっている
ように思えます。


もっと選手たちやベンチスタッフに、そういう雰囲気が伝わってほしいと思うのです。
試合終了後、ある程度会場のざわつきがあるうちは音楽を流さないでほしいなと感じます。

たぶん、Jリーグの様式に則った演出のフォーマットなのだろうと思うのですが、そういう「雰囲気を読んだ」進行も
是非お願いしたいと思います。

さて、
チームは不振といえますね。でも足りないのはちょっとした元気さや勢い、方向性なんじゃないかと思うのです。
ほんのちょっと前に。
そんな勢いが欲しいな、と思いながら帰路に着きました。
元気出していきましょう。 Forza!! AC長野パルセイロ!!

おまけ
選手バスで到着後 お願いして2ショット撮らせてもらいました。 都並選手と高選手ありがとう。


その2
試合開始前 ピッチレポータースタンバイ中のヒロです


WEBアルバムPicasaに他の写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。



4/6 スカパー観戦記
長野パルセイロ 1−1 ガイナーレ鳥取
スカパーで見たのをまとめておきます(^^


用事で出ていて帰宅。スカパー録画見ている。失点は残念だけど、選手の動きが先週とは見違える程よいね。
いい。
多分今年でイチバンいい!

伊東テルさんのテクニックがすごい。さすがに上手い。ボールのアプローチからして計算されている。
畑田の前線がうまい。有永と耕平の位置が高くて攻撃にリズムが出ている。PA付近での積極性が出てきた。いい。

後半、勝又が投入されると前線が活発になる。

西口の闘争心が出てきた。後半15分。相手を一人ドリブルで突破してからの、前線へボールを送るプレイ。これはいい。

その反面、気になるところも。
パルセイロの守備は、、、
サイドアタックされるとラインが下がりすぎるのが問題。なぜかサイドをあがる選手と同じ高さになろうとする守備ラインでした。
これが、去年より弱い印象だ。というか怖くない印象をもたれると思われる。

耕平の上がりが多くなった。ようやく前線での人数が揃ってきた。

80分経過。パルセイロの攻撃が鳥取に迫る。こんなに相手陣内に押し込むのは今年初めての気がする。そして速い。
寄せ手の一人が西口。今日は最前線まで出てきました。
やはり西口は前線が良く似合う(^^

どの選手も攻撃のパス出しが速くなってる。思い切りがいい。

しかしピンチも襲う。左右に振られ崩された守備の隙をついてシューヘトが来る。
しかしポストぎりぎり、枠に行っていたボールはケンゴが横っ飛びでクリア。素晴らしい。

ケンコ゛がピンチを救う

と書いてる最中にウノがスーパースーパーゴール!!
これはすごい!!!
鳥取左サイドでボールを持ち、突破を図る
PA斜めはるか先から、20メートル級のスーパーループシュート。DFもGKもダレも動けず。
(最後にスローが流れました。良く見たらGKが触っていた、が掻きだせるタイミングには遅かった)

ウノ本当にすごい。狙って打ったシュートだもんね。

その後も攻め続けるパルセイロ。
シュンタのチャンス! しかし鳥取、瀬川がシュートプロック。これがJFLとJ3のレベルの差だねぇ。JFL
ならもっと楽にシュート打てたと思う。

試合終了。後半はレベルの高い試合でした。パルセイロの攻撃がとても噛み合ってきた。前へ前へ、という選手の動きがとても良いです。
次節に期待大ですね!

今日の得点と引き分けは大きな財産になったと思う。リーグ戦の流れも上手く抑えられた。負けていれば下位に沈む危険があった。

しかしいい時代になったものです(^^ ありがとうスカパー。

3/30 パルセイロの弱点が鮮明になった。
長野パルセイロ 1−4 藤枝MYFC

雨です。
そんな中、久しぶりにひどい試合となりました。

試合前練習で、となりの友人が「シュートほとんどワクに行ってないぞ。」と。
画像はイメージです。
う〜ん(^^; 大丈夫か? という心配は的中。


雨が次第に強くなる中、試合が始まる。
「選手が試合に入ってないな」(気持ちの問題)
と思っていたら、藤枝の速攻が長野陣内へ。
ポンと出たボールが前線の藤枝のFW久富へ。これをキレイに中へ返すと、大石が触ってゴール。

まずい。長野選手には気合が入ってない。
失点してもまだ夢の中のような長野選手たち。藤枝がアタックをかけても、プレッシャーをかける選手がおらず、大体1点目と
同じパターンでもう2点。

対する長野は、ポゼッションを大事にしているのでしょうけど、ボールの運びが遅い。
特にボランチの位置でワンクッション入る動きが攻撃の速さを生み出していない。

結果すばやいFWへのボール回しが大事なハズの攻撃は、ことごとく遅くあるいはカットされ、到着してもウノもシュンタも
すっかり守備に囲まれ打つ手なし。

実は昨年も調子の悪い試合では気になっていたポイントです。
長野のサッカーが壁にぶつかっていると行っていいでしょう。

問題点は3つ。
・前線、中盤において選手間の1対1に弱い。高さあるいはボディコンタクトで勝てていない。
・ボールをもらうときに判断が遅い。もらってから考えているように見える。パス出しがおそくなる。
  中盤の選手に「前へ」のパスが少ない。
・気持ちで戦う選手が今日は居なかった。

今までは技量の高さで相手をいなしてカバーしていたのですが、J3となり、敵チームのレベルが上がり弱点が露わになってきたな、
と思えます。
それで今日のようなピッチコンディションでは、ボールが前に進んでいきませんでした。

逆に藤枝は単純な指令を徹底しているようでした。
・長野選手がパスを受けるのを邪魔せよ。 →それが間に合わなければ、
・長野選手がボールをコントロールするのを足を出して邪魔せよ。 →それが間に合わなければ、  
・長野選手がパスを出す(蹴る)るのを邪魔せよ。 
これを中盤から守備ラインで徹底していました。これで起用は長野のポゼッションサッカーは成立していませんでした。

繰り返しにもなりますが、長野の選手は自分の前方からのプレッシャーやボディコンタクトに弱いです。
また試合中にペースチェンジしてくれる選手がいないようなので、入りが悪いとズルズルと・・・


シュンタが勝又に代わり、後半開始から畑田が出てくると前線で前に出るボールが多くなり良くなりました。
それでも1点取るのがやっとでした。

少しチームを修正するべき、ではないかなと思います。
去年の3バックはよく機能していたなぁ、と思うのです。
私の目には、西口、高野、大橋の位置が低すぎると思います。特に西口はサイドDFの守備が出来ていないように見えます。

美濃部さんの修正の手腕に期待したい私です。

さて、畑田がケガから復帰。
ボランチの少し上に入りましたが、ボールを受けて出すのが速くてステキでした(^^
しかも多くの場合前方に、とりわけ相手が嫌がる場所に出してくれます。
いいですねー。

迷いが無い、といえば途中出場のノザもいい。
今日なかなか見られなかった、ノートラップのパスも見せ、切れ味のいいところをみせてくれました。

最後に。
今日はパルセイロにツキが無く、藤枝の攻撃にツキがあったのも事実と思います。
藤枝のGKさんも俗に言う「当たっている」状態だったな、と。
そんな試合があるのがリーグ戦。
繰り返しになりますが、この時期でちょうど良かった、と思って帰路に着く私でした。
次は鳥取戦、また元気出して行きましょう!! Forza!!パルセイロ!!

雨のため数は少ないですがWEBアルバムPicasaに写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。




3/23 この勝利は大きい。そしてウノはカッコイイ。
長野パルセイロ 2−1 ツエーゲン金沢  佐久陸上競技場

開幕に続き、いえ、開幕以上に難しい試合をモノにした長野パルセイロです。この勝利の残すものはデカイ。
今日は
・佐久で今年始めての試合。
・今年気合が入っている金沢。
・3000人超えのお客さん。(3057人)
・テレビどころか天下のスカパーでの初めての生中継。
・西が丘での勝利を経て、初めて来てくれたお客さんが多い。
という、またしてもパルセイロが苦手とするシチュエイショーン。
繰り返しになりますが、

「こういうフラグが立って、勝つチームの芸風でしょうか?

昔は 否 でしたね(^^;

でもチームは答えてくれました。」

まだ3節目ですが、前半戦のヤマ場と思う勝利でした。

さて、試合です。
北信越からのお仲間 ツエーゲン金沢との試合。
パルセイロを見ようと、なかなかよい出足のお客さんです。


そして今日はスカパーの初生中継日。
製作はTSBさんでした。

偶然にも解説の都並さんが入るところに遭遇。お声をかけて写真を撮らせてもらい、握手もしてもらいました。


ありがとう、都並さん。

そして3000人越えとなるお客さんの前で試合開始。



ツエーゲンは去年挑戦したポゼッションサッカーをやめ、守備からのカウンターサッカーに転向したという。
まさにそれを地でいくサッカーとなりました。
実は元々の金沢のサッカーに戻った、とも言えるのですが選手レベルの向上により威力が増しています。
4−4−2のフォーメーションから、守備ラインとボランチの間でプレスしてボールを奪うのに長けていて
そこからの進入に苦戦するパルセイロでした。

また、ボールを奪った後の攻撃への切り替え(ボール出し)が早く、迷いなく攻撃に移行するスピードに時にパルセイロは
受け身にまわる時間がありました。
金沢は前線でのボールの受けが上手く(10番、7番) さらにそこから9番辻がウラに抜け出そうと狙っていて
全く持って気が抜けません。
でもパルセイロは最終ラインが強い。大島と松原のコンビは落ち着いていて決定的シュートを打たせません。

パルセイロは今回も4−4−2、というか4−2−3−1というシュンタをトップに据え、ウノがシャドウとなるものです。
しかし、西が丘で見たのと同じく西口と高野の位置が低く攻撃参加に回りづらいように見えます。(私の好みとして)
また、ウノが前線での役割を掴みきれていないように見られ、ボールに絡みづらくなっていました。
風も強く風下のパルセイロはボールの受け渡しに苦戦。0-0で終了です。
ウノのループ気味のシュートが入ってればなぁ。

後半開始。
ウノが最前線に出てきたように見え、それに伴ってボールが入りやすくなり、また前線に顔を出す時間が出来てきました。
風下を生かして金沢ゴールに迫るパルセイロ。

前半から引き続きシュンタが相手の背後を狙い(殊勲のオフサイド連発)、ウノはボールに絡み始めます。
すると後半60分
左サイドを上がったボールは高野がループでウノにボールが出す。
ボールを待っている間にGKの動きを見切ってツマ先でさらにループ!
見事GKの逆をついてゴールイン。
やっぱりウノはカッコイイなあ。  ↓祝福されるウノ

その後も攻め続けますが、ウノの幻の2点目のあとからパルセイロは引き気味になってきた。
 訂正 向のプレイでした。幻のゴール。
(スカパーによると25番坂本投入の成果だとか。)
下がったDFラインを付かれてボールを持ち込まれると、10番佐藤が狙い澄ましたミドルシュートでゲット。
ああっ。

これで元気なくなりズルズルするのが昔のパルセイロでしたが、再び攻勢に出ます。
シュンタの苦労が身を結び、GK前でシュート。惜しくもGKに弾き出されますが、これがCKに。
大橋のCKは肩口の高さでニアに、これをウノが頭ですらしてGK強襲! ゴールイン!
いやー、いいですねー。最近のパルセイロは弱点をどんどん克服していますねー。いいですねー。

この後一進一退して試合終了。

難しい試合を制しての勝利。これは大きいですね。
スタジアムでも、スカパーでも「どれAC長野パルセイロというものを見てやろう。」というお客さんを掴めたんじゃないかなと
思うのです。これからもどんどん行きましょう。

実際、帰りに南長野に寄ったとき、おじいさんに話しかけられ
「今日はじめて見に行ったけど、面白かった。ウノさんかっこいいね。」
と言われました。 ウノさん、やったね(^^

 サインに応じるウノ 私も貰いました(^^

試合は以上ですが、中盤は大橋と向が効いていましたね。
大橋のまめなチェックと執拗なマークはボールを奪いそしてフィードする。
向はプレスをしてパスコースを狭め、ホールを持てはすばやく前線へ。
 

もうひとつ
試合後 なにか試合について話しかける伊東テルさんです。

今年もWEBアルバムPicasaに写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。









03/09 寄り道(J3)は楽しい道か、険しい道か。
J3開幕 長野パルセイロ 1−0 福島ユナイテッド 味の素フィールド西が丘 

かっこ良く、文章を書こうとおもったのですが・・・
やっぱり。

「勝ってよかったぁ。」(安堵)

ですネ。

選手、スタッフは大変なプレッシャーがあったと思います。
・絶対に優勝しなくてはいけない年。
・チームは勝負をかけている。
・サポーターの期待はビッグでかい!
・開催場所が、東京に変更。
・雪で練習量が足りない。
・J3という謎のリーグになった。
・マスコミ、記者からは優勝候補筆頭にされている。
・蓋を空けてみれば、4300人という大観衆。

こういうフラグが立って、勝つチームの芸風でしょうか?

昔は 否 でしたね(^^;

でもチームは答えてくれました。
今年は行けると思います。

そしてこの一年、楽しみたいと思います。このJ3というリーグの試合を。




















今回の試合、私はチームのツアーバスで行きました。
トラビスさんの便に乗りましたが、今回ツアーバスは11台出たとか。
素晴らしい。

そして、情報をまとめると
・チームツアーバス11台(佐久便含む)
・明治安田生命さんの関係者さまバス3台
・長野都市ガスさんの関係者さまツアー3台
・これは噂ですが、都市ガスさんの親会社、東京ガスさんが東京で
  観客を集めてくれたそうです
・さらに、伊東テルさんのファンの方が静岡から200〜250人駆けつけた

すごいですね。

また、会場には明らかに在関東チームのサポーターのみなさんも終結。
4312人という大観衆になりました。ありがとうございます。
(私の目には10人に一人くらい、つまり400人とかが物見の皆さんと思え)
「本当にありがとうございす!!」



私の知り合いも横浜、東京から3人来てくれました。
サンクスです☆


また、会場には明らかに在関東チームのサポーターのみなさんも
来ていました。それでついに4312人という大観衆になりました。
ありがとうございます。
(私の目には10人に1人くらい、が物見の皆さんと思えまして・・)
「本当にありがとうございす!!」




















さて、試合です。




フォーメーションは4-3-3
GK田中ケンゴ DF高野、大島、松原、西口 MF大橋、有永、向 FW佐藤ユーキ、宇野澤、高橋シュンタ
気になたのは、4バックに変更になった事と高野と西口を最下段に下げたこと。

うん、やはりそれが試合でも支障があったように思えました。
高野と西口の上がりがチームにスピードと勢いをつけていた去年の秋でしたが、それが見られずさらに西口が慣れない位置の
せいか、はたまた開幕の緊張か落ち着きがなかったですね。

しかしチームは持ち前の運動量で福島を圧倒する。すると前半17分、向の狙い澄ましたスルーパスが福島陣内を侵略すると、
飛び出すシュンタ!
ボールを受けるとさらに突進。GKの横を突くシュートでサイドネットに華麗にゴール。
先制です。

凄い。シュンタによってゴール前のスペースは、これから敵チームの悩み事になること間違いなし!
なにせ、何時でも敵DFの背後をねらっているんですから。

とここまでは良かったのですが、やはりフォーメーション不慣れのせいか、徐々に失速。
両サイド、とくに西口のラインがうまく使われてしまいました。

さらに。中盤の展開がワンパターンになり、福島が対応。
長野の攻撃を基点で抑えられるようになり、後半の途中からは福島のゲームになりました。

でも。長野には大島、松原という頼もしいCBがいます。さらに高野が大橋がカバー。
なかなかシュートに持っていかせない守りで福島を止めます。
大島は言わずもがな、松原が去年よりさらに自身を持って守備をしていて頼もしかった。

大ピンチが2度ありましたが、GKケンゴの頑張りと福島のシュートミス(サイドネットのあれ)によって無失点に。
そしてタイムアップ。
うれしいJ3初勝利。 本当にうれしいですねえ。


先に書きましたが、プレッシャーのかかる試合でよくぞ勝ちました。

昔はそういう試合で何度涙を呑んだことか(^^;
それで、強くなってきたのでそろそろ厳しい指摘もかきませう。

まずは、今日はセーフティに行ったせいとは思うのですが、高野西口の位置が低すぎました。
特に西口は攻撃に参加できなかったのが痛いです。(この問題は私の好みの問題もありますのでご参考程度に)

大きいのは次の2点です。
有永のパス出しに問題があります。
受けてからが少し遅いですね。そして第一選択肢に前、出来れば斜め前に出す侵略的パスが少ないですね。
ムリ目もたまには狙ってほしいなぁ。
スタミナが無くなってくるとそれに白紙や画かかるのがまた問題です。
もう一つ。
佐藤ユーキの2列目のパスの散らしは効果的なのですが、こちらもスタミナ切れになると決まった位置に出すだけなり
単調なプレイが敵に読まれています。

ここは強化してほしいなぁ、と思います。

でも、やっぱり勝利はいいですね。そしてよくぞ守りきってくれました。
攻撃に関しては、やはり雪など気候による調整、練習不足と思いますのでこれからどんどん良くなっていくと思います。
大橋、向にスバヤク的にパスが入りそれが前線に供給されれば、長野はもっと点が取れると思います。
ガンバレ長野 Forza!! AC長野パルセイロ!!

この日のパルセイロについて、実に詳しく分析しているブログがありましたのでご紹介します。
蹴球日々さん
http://blog.livedoor.jp/millwall/archives/2014-03-13.html

 大橋イチオシなのが私好み!!

おまけ
私の好きな伊東テルがついにパルセイロの試合に登場。なんとも、雰囲気もってるなぁ。


その2
Jリーグです。そうまざまざと思わせてくれるのが取材の方のビブスです。ちょっと着てみたいな(^^

 友人のお知りの記者さんです。
さらに。取材風景に遭遇〜。


その3
パルセイロのチケット売り場が、ついに固定の建物に入りました!! ホームゲームでは初めての事と思います(^^


その4
観戦者の年代が実に広いのがいいですね。


今年もWEBアルバムPicasaに写真をアップしてあります。
こちらをクリックしてご覧ください。



戻る


累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

ガウクルア赤